« ヘッドフォンの季節 | トップページ | 今年最後の演奏機会に向けて »

2018年11月22日 (木)

解放感を何に活かすか

久しぶりに「佐藤可士和の超整理術」を引っ張り出して(Kindleだが)読んでいたら、手ぶらの解放感に関する話が出てきて、どうやらこの辺りが手ぶら願望のスタート点かと思ったりしている。


一方で、彼の場合はその解放感がどこかに行くといった行動につながっているが、自分の場合はそうではないな、とも。もっとも自分の場合は鞄がある事が行動の制限につながっていたとは思っていないので、単に変わっていないだけとも言える。いや、変わってはいるだろう。逆に立ち寄らなくなったからだ。


ただしこの「立ち寄らなくなった」というのは、結局iPad miniで何かをするというインドアの延長で、行動の拡張ではない。そういった意味では、手ぶら通勤の次のステップは自宅と会社との行き来だけに終わらせないという事になるが、これは気分的な解放感というよりも時間的な制約のほうが多いような気がしなくもない。このところ思ったようには仕事を終われていない事もあるのだろう(たまたまだが)。


身軽になっているのは間違いないのだから、次はそれをどう活かすか、あるいは変化につなげるかだろう。いやそこまでしなくてもという考え方もあるのだけれど。

|

« ヘッドフォンの季節 | トップページ | 今年最後の演奏機会に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/67406101

この記事へのトラックバック一覧です: 解放感を何に活かすか:

« ヘッドフォンの季節 | トップページ | 今年最後の演奏機会に向けて »