« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月28日 (金)

年末徒然

やや久しぶりにSurfaceを立ち上げたら、アップデートが多数走って30分ほど作業開始を待たされてしまった。この辺りの付き合い方というか、アップデートの対処はよく考えておく必要があるだろう。さっと使いたい時に再起動が必要になっては目も当てられない。

もっとも、そのような状況になったのは、まだMacBook Airの方がメインマシンになっていて、このところの諸々の資料作成をそちらに頼っていたからだ。その辺りの依存関係を断ち切って、完全移行をしなければ意味がない。やや意思は揺らいでいるが、当初の構想ではMacBook Airは下取りに出す想定だったし、最終的にはそうしなければ「どっちつかず」の状態から脱却は出来ない。

とはいえ、データの移行が完全に済んでいない(今はちまちまとiTunesライブラリを移行作業中)ので、いま時点ではどうにもならないという側面はある。その辺りは年間の中でも比較的PCの稼働率が高い時期に買い替えを実行してしまった以上、おおよそ想定できていた事でもあるし、そういった意味では年末年始の時間をいかに活用するかという話でもある。

という訳で、明日から年末年始休暇。年明けの始業は4日からだが、その日は休暇をとったので、稼働は7日からになり、少し長めの休みにはいる。スキーとか、演奏会本番とか、別に休めるわけではないけれども。

来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

タスク管理

昨日は通勤時に人身事故による電車の遅延が発生し、そうは言っても間に合うだろうと思っていたら、思った以上に時間がかかって、遅れる羽目になってしまった。幸いにして打ち合わせなどはなかったので、無理に焦らなかったという事はある。

とはいえ、朝食は採れず、ブログも書けずで、ある種ルーチンが崩れた事は間違いない。ストレスという程ではないと思うが、リズムが乱れて思ったように仕事がすすまなかったのは確かだ。昨日に関しては、終わっていないタスクがあるのは否めない(外出があってそれまでに終わらせきれなかったという事情もあるが)。

タスクの管理については、正直やや迷走状態にある。リマインダーと連動させるためにKeepで仲介をする試みをしているのだが、これがなかなか管理が難しく、残タスクがうまく認識できなくなっている。Keepはタスク管理だけではなくメモにも使用しているので、それぞれが混在して見にくくなってしまっているという状況もある。

そうなると、ToDoリスト&予定登録という形を取った方が良いかもしれない。Keepのメモとメール連携機能は便利だが、「タスク管理」という視点では手順がやや複雑で、管理というかメンテが煩雑になってしまうのだ。

メールからのタスクはToDoリストで管理し、タスクとしてはカレンダーへ登録する。
Keepのメモで何らかアクションの必要なものは、リマインダー機能を使う。

まずはそんなところからだろうか。これ現状アプリからではやりにくいのが悩みどころなんだよなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

エキストラの声がけ

iPad mini5の噂が流れてきて、やはりあのサイズは貴重なので、軽自動車のような無駄な大型化はされませんようにと願いつつ、手ぶら通勤では関係ないので、最近あまり画面を見ていないなと思ったりする。所持コストを考えればややもったいない。

週末はF響の練習があり、普段であれば年内の楽器を弾く機会は終わりなのだが、年明けのエキストラ本番に向けての練習が残っていて、少しさらいたいと思いつつ時間を取れそうにない。

そんな中でエキストラや団員を集める声がけをしなければならない状況に追い込まれているのだが、これが何故かやたら多い。単に先延ばしにしてきた事で重なってしまったという事もあるのだが、4本番分について声を掛けなければならないというのは、少々異常事態であろう。まぁすべてというのは無理なので(パートもそれぞれ微妙に異なる)、呼びかける相手は重なったり重ならなかったりするのだが、掛ける側としては混乱しそうで怖い。

人を集めるのは難しい。難しいから先送りになってしまっているのだが、やはり早めに動いておく事が肝要であろう。という訳で今日の夜からぼちぼち声を掛けていくことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

週末の予定

一昨日、昨日はほぼ終日打ち合わせという事もあって、作業時間を確保するために早くから出社した。定時内に終わらせるのが基本だが、どうにもやむを得ない時というのはある。

難しいのは、そうなるとどうしても仕事以外にしわ寄せが行ってしまう事だ。夜の時間であれ、朝の時間であれ、仕事以外の時間というのも一定のスケジュールとルーチンに基づいて組み立てられているので、仕事がはみ出せばそれらに影響が出てしまう。人生という時間は有限だし、気軽に残業が出来るほど、自分の時間に余裕はない。

今週は夜の時間に制約が多かったので、諸々やる事が差し込めていない。これらは今日の夜と明日以降の休みで解消していかなければならないが、これがかなり過密である。

・F響総会向けの資料を作成する
・F響演奏会向けの資料を作成する
・F響曲紹介の原稿を作成する
・Kオケ演奏会向けのスケジュールを調整する
・Kオケ楽譜の共有をする
・スキー関連マテリアルの受領をする
・スキーの調整をする(その前に実家に取りに行く)
・タイヤの交換をする
・車の点検をする
・(できれば)洗車をする

これが明日やっておきたかった事なのだが、加えてランチの約束が入ってしまったので、いくつかを組み替える必要がある。

・車の点検は来月でも良いのでこれからリスケする
・洗車は年明けにする事にする(年1回のコーティング洗車なので時間がかかる)
・タイヤ交換は来週でも可能か確認する
・それ次第でスキーは今日取りに行く事にする

そんなところだろうか。資料関係はどうしても今日明日である程度形にしなくてはならないので、今日の夜と明日の朝と明日の夜の枠内で何とかしなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

Surfaceへの移行

Surfaceに関しては、ぼちぼちと環境を整えながら、流石に勢いで買ってしまっただけにまだ明確な活用方法が見いだせていないのだが、何らかの(Windows10の)ガイドブックを購入するべきかまだ迷っていたりする。Macのときにはあまりそういう事は感じていなかった・・・訳ではなく、最初に買った頃は色々資料を買い込んでいた気もする。慣れてしまえば特に不要な訳だが、その辺りは性分とでも言おうか。

Windows10の場合、会社でもまだ使っていないので、諸々設定がよく分かっていないという事もある。とはいえ、その辺りで気になるのは、Macの場合は結構初期設定のまま使っていた事が多く、それがあまり気になっていなかった点だろう。Windowsの場合はそういった事がないのは、インターフェースの完成度の問題か、相性の問題か、いずれにせよ今時点でSurfaceについてはしっくりとはきていない。

うっかりというか、タイプカバーも購入してしまったので(PayPayに釣られたが、冷静に考えれば本体のみでキャッシュバック上限枠に達していたので、実は慌てて買う必要はなかった)、ディスプレイ保護も兼ねて装着したままなのだが、気持ち的にはタブレットで使用したいとも考えていたりする。というか、タイプカバーを着けっぱなしにしたらただのラップトップと変わらず、MacBookを購入した方が良かったみたいな話になってしまうのだ。一方でディスプレイの保護は必要なので、特に持ち運びを視野に入れた何らかは考えたい所である。
(キーボードは当初外付けで考えていたので、最初に買うべきはむしろそっちであっただろう。)

そして目下の課題はiTunesライブラリの移行である。実際にはほぼすべての音楽をGoogle PlayMusicに移行済みではあるのだが、ではそのままMacBook Airと共におさらばできるかといえば少々惜しくなってくる。CDはすべて残っているので本当はより高音質での再取り込みが理想なのだが、何分枚数が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

スキーの準備

週末にスキーを購入した。

先日のSurfaceに続いて今年は散財してるなと思いつつ、イレギュラーなのはSurfaceの方で、スキーは必要であったと思い直す。今履いているブーツはおそらく耐用年数を超えてしまっているので、履き続けるのはリスクが伴うからだ・・・という事も昨年も一昨年もつぶやいたりしていた。

ブーツに関しては、とにかくその時足に合うものを購入するしかない。そういった意味では在庫が残っているシーズン前の購入というのが重要なのだが、今回のブーツはいくつか試してアトミックになった。ブランドで選ぶようなものではない(足に合うか合わないかで選ぶ)ので、それはそれで良いが、雪上で履いてみると印象が変わる事もあるようなので、そこは一旦滑ってから手直しをするか考える事にする。

スキーに関しては今のものをもうしばらく使い続けるという選択肢もあったのだが、せっかくなのであわせて購入した。とはいえモデルは前シーズンモデルで、半額ほどになったものである。これまで使っていたのもそうやって購入したものだ。ちなみに今使っているものも新しいブーツに合わせて調整はする。比べる楽しさがあるからだ。

そして今回はポール(ストック)も購入してしまった。今使っているのは社会人になってしばらくした頃に購入したものなので、実に20年ぐらいは使っているはずである。まぁそれでも使えない訳ではないのだが、細かい部分がヘタってきてはいるので、この機会にと買い替えてしまった。

そんな訳で新しい道具は揃えたのだが、そこで改めてカレンダーを確認して判明したのは、今シーズンは6日間ぐらいしか行けそうにないという事なのだった。後は仕事やオケを休んでいくしかないという状況で、まぁ半日(はいつもの事だが)とかナイターという形で滑走時間をこまめに稼いでいくしかなさそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

マテリアルを買う時間がない

昨日は外出だったため今日は鞄持ち。たまに持つ鞄は重い・・・というか、重いぐらいの荷物があるから鞄があるのであるが、ややしんどい反面どこか気持ちが落ち着いたりする。

そんな話はさておき、年末年始の家族スキーの予定も固まっていよいよスキーシーズン到来という気分が盛り上がってきているのだが・・・マテリアルを買いに行く時間がない。

年明けの演奏会に向けての練習やら、F響の総会やら、やれるならSurfaceのセットアップもしたい(まだ開封もしていない)状況なのだが、年末年始に間に合わせるつもりなら、最低限今週末ぐらいに何とかしておかないとならない。しかしこの週末は土日双方に練習があり、演奏会を聴きに行く予定があり、運営委員会もあり、練習のダブルヘッダーもあるという、何というか「詰め込まれている」状況になっている。

そして買いに行くとなれば、多分神田あたりまで出なくてはならないだろう。これがまたしんどい。とはいえ時間を気にしないのであれば、土曜日の夕方・・・は荷物の受取があったので、日曜の夕方、練習帰りという事になるだろうか。持ち帰りは後日としても購入はしておきたいものだ。

並行して資料も作らなければならないんだよな・・・まったく残業している暇もない状況なのである。朝はゆったりしているけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

アンサンブルのオファー

アンサンブルに誘われた。来年の11月なので1年近く先のことなのだけれども、考えてみたら予定をおさえるというのはこういう事かもしれない。

オーケストラではなく小編成のアンサンブルと言えば、直近では1月にF響のミニクラシックコンサートがあるのだが、正直機会が多いとは言えない。Kオケの演奏はそう言えばアンサンブル規模でやる事が多いが、いずれにせよ曲も少なく、今回のオファーのように50分近く演奏する(1曲が、ではない)プログラムという形で演奏するのは初めてだ。

ちょっとドキドキする。

アンサンブルはごまかしが効かない・・・というとオーケストラはごまかしが効くようで語弊がありそうなのだが、実際一人で1パートを担うというのは、弦楽器的にはそれなりにプレッシャーである。特に最近は適度に手を抜くというか、周囲に任せる(ものは言いようだ)事に慣れてしまっていて、正直練習の精度が低い気がしている。その辺りは姿勢から正していかなければならないだろう。いやもちろんアンサンブルに限らずではあるのだが。

さて、これで来年の演奏機会(それなりに緊張を強いられるもの)は11回の予定になった。減らしているようで意外に減らない。それはそれでありがたい話ではあるのだが、ちゃんと練習したいよね(しろよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

ガイドブック

Surfaceはまだ開封していない。

昨日はスマホやMacでよく見かけるガイドブックのようなものがないかと久しぶりに本屋に足を運んだのだが、Surfaceと銘打ったものはほとんど見当たらなかった。(正確には数冊あったのだが少々古いものだった。)

これがMacとの違いか・・・と思いかけたのだが、考えてみればMacのガイドブックというのも、多くはMacというハードよりもMacOSを解説していると考えれば、Windows10のガイドブックというのが、Surfaceにとってのそれに当たるという事なのかもしれない。個人的にはスマホのようにハードウェアにも触れたガイドが欲しかったのだが、そういえばスマホのガイドブックも大半はOSの話で、ハードウェアに依存する部分というのはあまりない(スペックの説明はあるが、これは機能の解説とは言えないだろう)。

しかしWindowsのガイドブックとなると、今度は多すぎて見当がつかない(単に面倒くさいだけだが)。結局この辺りは、実機を触りながら、気になった時に調べるというスタイルが良いという事なのだろう。もう少し何が出来るというイメージができれば良かったのだが。

もっとも、仮に色々出来たとしても、実際にはいくつかのアプリしか使わないことは、今のMacBook Airの使い方が物語っている。考えなければいけないのはせいぜいiTunesぐらいで、あとはほとんどがクラウドのサービスなので、それほど気にする必要はなかったりする。

さて、昨日は終日頭痛に悩まされ、二日酔いか風邪かの判別がつかなかったのだが、今朝になっても頭が重いので、熱を測ってみたがやや微熱という程度だった。この微熱というのが厄介で、平熱が低いので風邪の予兆とも取れるし、一般的にはそれでもまだ低めという判断に迷う状態だったりする。

いずれにせよ、やや注意は必要であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

Surfaceを買ってしまった・・・

今朝は一段と冷え込んだので、いよいよコートはロングコートとなり、手袋が登場した。残るはマフラーということになるが、これはもう少し我慢だろうか。

さて、諸々の事情により(というかPayPayだけれども)、Surfaceを購入してしまった。物事には勢いが必要という話でもあるが、さてそうなると、いよいよMacBook Airからの離脱を図ることになる。2台のPC(と位置づけているが)を持つ必要はない。

Surfaceの場合、タブレットとしても使えるので、場合によってはiPadからの離脱も視野に入れているのだが、こちらはiPad miniである限りはサイズの関係で共存すると考えて良いだろう。むしろタブレットとしてはdTabの方がどうしようかという位置づけなのだが、こちらは適当な処分方法(換金方法)が思いつかない。いやメルカリとかにチャレンジする方法もあるのだけれど。

しかし、Surfaceを買ったは良いのだが、セットアップの時間が取れるのかがやや微妙である。なるべく早急に行いたいとは思いつつ、例えば月末までの週末はほぼ時間がない。そもそも勢いで買ってしまっているので、移行に関してもまだ青写真が描けていない。 下準備が不足しているというのは、何が出来て何が必要なのかを把握できていないといった所にも現れていて、ようは今の段階ではモノだけあって後は白紙状態なのだ(おおよその構想はあるけれども)。

とりあえずガイドブックとかあれば買ってみるか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

フリーアドレス

今週は会社の席(フリーアドレスだが、朝決めれば大体終日その席になる)に座っている時間がほとんどない。ようは打ち合わせで席を外すという事が多かった(というか大半だった)という事なのだが、こうした日が続くと、会社における「自席」って何なのか、と考えてしまう。

元々ひらくPCバッグを購入したりしたのは、フリーアドレスになる事でどこにでも移動できるようにという意図があっての事だった。以前の部署ではクリーンデスクというルールがあって、会議等で2時間以上席を空ける場合は片付ける(=他の人が使えるようにする)ようになっていたのだが、今の部署はそこまで厳しくなく、朝鞄を置いてしまえば、その日は自席として使えるようになっている。
(その辺りのフリーデスクに関する考え方はかなり甘くて、そもそも固定席化している人も少なくない。)

今は鞄もなく、席に置いておくような私物はほとんどない。もちろん会社で使う書類などはあるのだが、多くは(会社据え置き用の)鞄の中に収まるので、そのまま持ち歩く事も可能である。ようは自分の居る場所が自席であって、1日単位であってもそもそも固定された自席が必要なのかという気がしなくもない。

一方で「どこに居るか分からなくなる」という指摘もあって、ようは会社における住所としての自席が必要という考え方もある。訪ねてくる人にとっては確かにそうだし、郵便物などの扱いもそうだろう(ただし郵便物については個人ロッカーにポストの機能はある)。

仕事がコミュニケーションで成り立つものだとすれば、そのコミュニケーションのベースとしてアドレスが必要という考え方には一定の理解は出来る。とはいえ、このデジタルの時代にリアルなアドレスが必要と言われてもな〜ともんもんと考えたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

ToDoリストとリマインダー

会社のGoogleカレンダー上でのタスク管理をリマインダーで行うか、ToDoリストで行うか。今の所考えは定まっておらず、両者が混在しており、使い分けもあまり明確になっていない。

サービスとして定着してくれるかという問題はさておき、最近ようやく両方ともカレンダー上で扱えるようになったが、微妙に性格が違う。

まずToDoリストはGmailとの親和性が高くて、メールをタスク化するのに向いている。問題は時間の指定が出来ず、リマインダーのように「やらなかった時に翌日に繰り越す」という機能がない。

そういった意味ではリマインダーの方が間違いなくリマインダーとしての機能は優秀で、時間の指定や繰り返し設定なども出来る利点があるのだが、ToDoリストのようなアプリはない(まぁアプリはほとんど使わないのだが)。そして問題なのがGmailからリマインダーを登録する機能がない事で、その辺りがInBoxを使いたい動機にもなっているのだが、会社では使えない上にサービスが終了する事が決まっている。

そこで最近気がついた機能が、Keepとの連携である。GmailからKeepを呼び出してメモを登録すると、その時開いているメールへのリンクが出来る事に最近になって気づき、そのKeepのメモにリマインダー登録をするという事を最近試している。難点があるとすれば2段階の登録(メモの登録まではGmail上で出来るが、リマインダーを設定するにはKeepを開く必要がある)となるためやや手間がかかる事だろう。

一方で、Keepのリスト機能を使えば、そのメールに関連するタスクをリスト化する事も出来る。その辺りは使いこなせれば有効なのは間違いない。

とはいえ、最大の問題はこれらの連携機能がアプリでは使えない点だろう。正直PCに向かっている時はその場で処理出来るメールも多い。空き時間にスマホでチェックしたメールをその場でタスク化できれば、時間の使い方としても効率的なんだがな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

SECRIDのカードケース

今朝は暖かかったという事で、コートを着ていない。コートがないということは、必然ポケットが少なくなるということだ。幸いにして入りきれないほどモノは増えていないが、鞄がないというのは収納を服のポケットに頼るという事なので、コートがあるかないかは少なからず影響のある事だったりする。

とはいえ、コートに頼るほどモノを増やしてしまっては本来意味がない。鞄をなくすというのは、昨日書いた重要度の見極めと同じで、不要なモノを削るという行為があって成り立つものだ。

鞄を持たない事にも大分慣れてきたが、当初に比べてモノは2つ増えている。

一つは今週から復活しているSmartBandTALKで、これは腕に着けるモノなので増えたといっても気にする必要はないだろう。もう一つは先日衝動買いしたSECRIDというカードケースで、こちらは少し見極めが必要なアイテムである。

カードに関しては、アブラサスの小さい財布に入れているのだが、定期券、免許証、キャッシュカードにクレジットカードという文字通りの必要最小限になっていて、正直もう少し持ち歩いておきたいという事情がある。そんな事もあってSECRIDを見つけた時に思わず衝動買いをしてしまったのだが、一方でここ数日持ち歩いていて出番があったかと言えばほとんどない。

この「ほとんどない(少しはある)」というやつがなかなかに微妙な所で、本来の考え方から言えば「その日必要と思われるカードを朝見極める」というプロセスを経た上で、持っていくかを決めても良いと思うのだが、大抵は偶発的に必要な事態が発生しているので、その辺りの「朝の見極め」が難しく、結果として使わない日もありながら持ち歩いている、という状況が続いているのだ。

これは仕事における「資料の整理」などにも共通する悩みどころで、ようは割り切りだとは思うのだが、SECRIDの場合はそれに加えて(衝動買いしただけに)持って歩きたいと思わせるモノとしての魅力もあったりして、まぁ今の所は良いかと考えていたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

重要度を見極める

重要なことを定める、あるいは選ぶという行為は、何が重要かということを考える過程ではなく、何が不要かを考える過程であるべきだろう。

昨日こんな事をつぶやいた。

「重要度を見極める」というのは、何が重要かを考えるのではなく、何が不要かを考える事だと思う今日この頃。

もちろんこれはビジネスでの話で、学問での話ではない。学問であれば、考えうることをすべて列挙して、そこに軽重をつけていくプロセスが重要になる。だからこそ、その結果導き出された「重要な事柄」に価値が生まれる。そのプロセスに時間をかけるのが学問というものだ。(だからこそ時々見かける「学者は経営を分かっていない」という意見はそもそも的はずれなのだ。)

ビジネスにおいては、そうした列挙をしている時間はない。そもそも「すべてを網羅して考える」ということ自体がナンセンスで、限られた時間の中で何に集中するかを定めるのがビジネスで言うところの「重要度の見極め」であろう。その際に「何が重要か」という判断基準で臨んだら、判断する案件が増加するたびに判断基準の見直しが求められるばかりである。大切なのは、「これはやらなくても良い」という不要なものの見極めで、その積み重ねの結果やる事がなくなれば、それが「仕事が終わる」という事であろう。

重要なことにリソースを注ぐために必要なのは、重要な事は何かを考えることではなく、不要な事をどんどん捨てていくことなのだ。重要な事をいくら考えたって時間は生まれないが、不要な事を捨てていけば時間とリソースが生まれるのは自明の理ではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

スマートウォッチ

SmartBandTALKを復活させた。

バンドが壊れてしまった事でしばらく使わずにいたSmartBandTALKだが、無くても十分とは思いつつ、通知のあるなしでスマホに触る頻度が変わる事は改めて実感したので、復活させる事にした。もっとも事情としてはようやくSONYのお客様相談センターに足を運ぶ事が出来たという事もある。バンドを留めるピンはそうした相談の形でしか入手が出来ないようだ。

いずれにせよ復活という事で、この週末から着け始めているのだが、やはり「何もなくても一旦スマホを見る」という事は減ったような気がする。通知を見た所でその場で対応できる案件は少ないのだが、それでもあるかないか分からないのにチェックするのと、あると分かって見るとの差は大きい。アクティビティトラッカーとしてのスマートウォッチにはあまり興味がないのだが、通知の機能は自分にとって重要という事だ。

とはいえ、アクティビティトラッカーには興味がないと言いつつ、一旦削除していたアプリを復活させたりしている。こちらはしばらく様子見であろう。SmartBandTALKの事がなくても、特にデータとして興味がないという事で削除したアプリではある。そういった意味では可もなく不可もないものではあるのだが、経験上バッテリーに負荷をかける事が多いので、その辺りが改善されていなければ、しばらくしてまた削除という事になるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »