« 準備 | トップページ | 規模の違いがもたらすもの »

2019年3月25日 (月)

新たな軸

先週の木曜日の春分の日から都合4連休となっていたため、今朝は曜日というか何かの感覚がずれてしまっている感じがする。その感じは土曜日辺りからすでに生じていて、昨日は普通に「週末の練習」であった筈が、なにか別物の練習のようだった・・・感覚としてだけど。
言葉にするのは自覚して改善を自らに促すためだが、疲れている感じがする。生活全般というよりも、オケに対してである。よく「定年後燃え尽きる仕事人間」みたいな話が揶揄される事があるが、それを仕事ではなくオケに置き換えると個人的には笑い事ではなく、幾分注意が必要なのではないかという気がしなくもない。どんな物事にも終わりが来るという事を考えれば、終わった時の事を考えなければならないのは、仕事であれ趣味であれ変わらないのだ。
もちろん、趣味というのは、仕事ほど外部から強制的に終わらせられるものではない。そういった意味では、終わった時の事というよりも、常に新たな軸を探すような、新しい何かを求め続けるような事が必要なのではないかと考えたりする。自分の場合は、スキーと楽器が色々な意味で人生に密着していて、付き合いの長さも仕事の比ではないので、それが何らかの形で途切れるというのは、想像を超えたショックをもたらすリスクは確かにあるような気がする。
付き合いの長さは心地よさとともに、離脱時の危険をはらんだものでもあるのだろう。この場合、「離脱しないようにする」というのはリスク対策とは言えないので、そんな時のために別の軸を用意しておく必要が(場合によっては)あるという事だ。
なんだかそんな事を考えてしまった週末だった。ま、疲れているのだろう。

|

« 準備 | トップページ | 規模の違いがもたらすもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 準備 | トップページ | 規模の違いがもたらすもの »