« オケのビジョン | トップページ | 実力と編成と選曲のバランス »

2019年6月27日 (木)

財布を一つにする

財布をなんとか一つにできないか・・・と考え始めている。2つ持ちの状態を続けてきて、おおよそ必要なカードも絞られてきたという事もあるが、ここでもう一つ持ち物を減らせるのは大きい。
問題はその場合に残したいのが、小さい財布の方ではなく、カードケースの方であることだ。これはもう好みの問題でどうしようもない。そもそも「財布を一つにする」という命題だけであれば、サイズを妥協して長財布にすれば良いだけなのを、そうしないのはデザイン含めて持ち歩きたいと思っているモノだからである。
しかし、SECRIDのカードケースを常使いにするのは非常にハードルが高い。何より大きいのは、スキミング防止タイプなので、定期を収納できないという点である。この時点からそもそも問題が目白押しなのだ。SECRIDにはウォレットタイプのモデルもあって、それであれば定期も小銭もまぁ問題ないのだが、それではつまらない。
こうした「機能だけではない使いたい理由」がありながら、機能として必要性を満たすというのは非常に難しい。日常使いなので、ちょっとした使い難さがあってもストレスになるし、使用頻度が低くないので、スムーズに使えなければ意味がない。
例えば、ポケットに入れるのはSECRIDで、鞄の中には長財布・・・であれば、実はそれほど問題ではないのである。ただこれは要するに2つ持ちということで、今のように(今日は違うが)手ぶらの行動を前提にしたい場合は意味がない。一つで必要な機能を満たしてこそであって、ようはそのためにどこまで妥協出来るかだろう。

小銭の問題については、先日ネットで見かけた「帰りの駅でチャージする」という小技である程度何とかなりそうではある。あとは定期の問題と、日常以外で使用するカード類の管理をどうするか、だろうか。

|

« オケのビジョン | トップページ | 実力と編成と選曲のバランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オケのビジョン | トップページ | 実力と編成と選曲のバランス »