« 兼務 | トップページ | エレキチェロ »

2019年10月16日 (水)

環境を変える

行動を変えるのは、気持ちではなく環境である・・・と思っている。気持ちで変えられる行動というのは、実はたいしたものではなく、そのまま定着するのであればそれは「変えた」という程の変化ではないというのが個人的感覚だ。
もちろん、意識にあわせて環境を変えていれば、その結果変わった行動というのは確かに「変えた」と言えるものだろう。ようは環境が変わらない中で変わる行動というのは、その環境がもたらす影響下で起こりうるものでしかなく、それは気持ちでも何でもない。
とはいえ、行動を変えるのは気持ちではなく環境だが、環境を変えるには気持ちが必要である。それによらない環境変化というのは、つまるところ外部要因なので、「変えた」というよりは「変えられた」に近い。変えるというのが自発意思に基づくものであるためには、自ら環境を変えなければならない。
という訳で、オケをお休みするというのはその「環境を変える」にあたるのだが、一方で何のために変えるのかという目的はあまり明確ではなく、どのように行動を変えたいのかは明確ではなかったりする。今回の場合は、その結果どう行動が変わるのかを見極めるためのもので、行動をどうしたいというのはないからだ。
一方、仕事に関しては今回は環境を「変えられた」に近いだろう。ただ、染み付いた行動原則が、この環境によって変わるかどうかは結構微妙で、過去の経験からいえば、この外部要因に加えて、何らか自発的な環境変化を加えなければ、自身の行動は変えられないように感じている。朝のこの時間を含め、それほど染み付いた行動原則は強固である。気持ちなど問題ない・・・というよりも、気持ち的な部分も含めて行動を制御してしまっているからだ。
ではどのような環境を変化を加えれば、行動が変わるだろうか。いや、どう変えたいかのイメージがなければ、環境を変える方向性も見えてこないという話でもあるのだけれども。

|

« 兼務 | トップページ | エレキチェロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 兼務 | トップページ | エレキチェロ »