« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月29日 (金)

会議の無駄

今日は予想最高気温が10度を下回るとの事で、12月を待たずにロングコートを引っ張り出してきた。昨日もかなり寒かったのだが、そろそろ真冬に備えていかなければならない(まだインナーは夏仕様)。
今週は酒席が続いていて、昨日もあったので今日も少し頭が重い。飲み始めるとセーブができない(酒であれお茶であれペースコントロールが苦手)ので、ようは飲まないようにするしかないのだが、今日は会社の期末で納会がある。ま、お茶で過ごしても何ら問題はない(お酒が飲みたくてたまらないという事はなく、最初から最後までお茶でも実はあまり気分は変わらない)という事も分かっているので、一旦身体を休ませる事を考えた方が良いかもしれない。
閑話休題。働き方改革とか、無駄をなくすというと、まっ先に槍玉にあがるのが「会議」なのだが、個人的にその理由として「個人の作業時間が減る」みたいなのが挙げられている事に違和感を感じる事がある。感覚的には「個人でやらなければならない作業」こそなくせるならなくしたい無駄な仕事と考えているからだ。そもそも協業や連携が重要と叫んでいる中で、そうした場であるべき会議や打ち合わせを無駄と捉えて「個人に完結した」作業時間が欲しいというのは矛盾している。
会議や打ち合わせで決めた作業を、端から誰か(AIとか)に任せられるのであれば、人は対話と意思決定だけに集中できる筈なのだ。その「作業」が、個々人に割り当てられ、対話や意思決定以外のやるべき事ができてしまうから、それをこなすための時間が必要になり、いつのまにか重要度に関する意識が逆転してしまっているという事はないだろうか。
 
会議の資料作りが無駄なのは、会議が無駄だからではなく、資料作りの時間こそが無駄なのだ。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

PCを持ち歩くか

昨日は夕方に外出の予定があり、当初は何も持たずに行くつもりだったが、結局PCを持っていくことになった。その際の鞄はケースも兼ねて会社に置きっぱなしなので、朝の出勤は手ぶらでも問題ないのだが、帰りはそのまま鞄とPCを持って帰り、今朝はそれを持って通勤している。
それ自体は想定しているやり方なので、特に問題が生じるということはないのだが、ではこれが手ぶらでも可能だったか、可能にするための方法はないかと考える。現実には昨日は「念のため」持っていくのではなく、明確に必要だったから持っていっており、実際なければ打ち合わせがスムーズに進むという事もなかった(その場で資料を調整し先方に送付するところまでやっている)のだが、そうは言っても別の手段が何かなかったかと考え続けていなければ、とりあえず持っていけば良いやとなってしまうだろう。
 
それ(とりあえず持っていく)だけは絶対に避けたい。
 
昨日やった事で言えば、資料を先方に見せるまでは会社のiPhoneでも何とかできるだろう。ただ、そこから資料を編集し、送るということは現実には難しい。とはいえ、その場合は先に資料を先方に送っておいて、先方(のPC)で調整をしてもらうという方法は考えられなくもない(昨日の場合は時間的余裕からもそこまでの準備は無理だったが)。
 
グループ内であれば、行った先の事業所で共有のPCを借りる事も出来る。セキュリティ的にはそちらの方が推奨されていて、大きな事業所ではそのためのPCも用意されているので、困ることは無い。問題は外部の企業を訪問するような場合だ。
 
昨日に関していえば、朝の段階では持って行く気はなくて、必要になったので持っていったので、それ自体に問題や後悔がある訳では無い。では来週に予定されている外出の場合はどうか。昨日と違って少なくとも資料をどうこうするといった事はしない想定である。(とはいえ、そんな事も必要ない打ち合わせならそもそも行く必要があるのかという話はあったりする。)
 
手ぶらで訪問するという姿勢が態度としてどう見られるかはさておき、紙として資料をもらった場合はどうするとか、そういった事も勘案した上で、いかに手ぶらで行動するかという事を考えなければならない。そう、「考えなければならない」のだ。

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

ボサノバライブ

ボサノバライブは無事(?)終了。本番でしかメンバーが揃わなかったり(本番前のリハーサルではなく、文字通り本番のみ)、楽譜を直前で差し替えたり(前日に書いていた)、コード譜での演奏にチャレンジしたり(まだ読み方はよく分からない)と色々チャレンジングな演奏だったのだが、雰囲気のゆるさとあいまって、なかなか楽しい時間を過ごす事ができた。
メンバーが揃ったリハーサルがなくても何とかなるのは、セッションとしてのルールをある程度共有できているからだろう。もう一つはそうはいってもリーダーとなるギターのポジションが明確だからだ。実際には色々ハプニングもあって、落ちたりもしていたのだが、ギターとピアノが弾き続けていれば何とかなるものである。
楽譜の差し替えは、結果として必要だったのかはやや微妙ではあるが、コード譜を読む勉強になった。アドリブでの演奏ができないのであれば、コード譜から楽譜を書き起こしてしまうのも一つの方法だ。現実にはチェロでベースパートを再現するには、ちょっとどう弾くか考える必要もあって、その場の即興で判断するのは難しい側面もある。
実際にはコード譜というのも、アドリブで弾くものではなく、楽譜としてある程度読み込みが必要という事だ。その場で渡されてサッと弾ければ格好は良いが、そのためには色々とパターンを身につけておかなければならないと感じた。ただ、コード進行を書いておくのは色々と勉強になると感じたのも確かで、クラシックでは複雑すぎてそこまで手が回らないが、ボサノバであれば何とかなりそうな気もする。
コード譜の勉強は続けていくとして(重要なのは一つ一つのコードというより進行のパターンのような気がする)、次なる野望はアドリブであるが、これはなかなかハードルの高い取り組みだろう。楽譜というよりも、曲に対する理解が必要な気がする。スタンダードなナンバーのコード譜が入手できれば、おおよそパターンを楽譜に落とすことはできそうなので、それを積み重ねながら、どうやったらアドリブとしてオブリガートを差し込む事ができるかを考えていくのが良いかもしれない。

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

サイレントチェロ

昨日は早朝からのミーティングがあったので、会社に直行。やる事があれば早く会社に行くし、なければ行かない。基本は行かないスタンスだが、それはやる事を時間内に抑えようとしているからで、オーバーすればそれはやむなく残業になる。残業というのは、つまるところ仕事を時間内に終わらせる事が出来なかったという「負け戦」で、がんばりでもなんでもないというのが個人的な考えだ。
ま、ミーティングは自分だけの事情ではないのでその限りではないのだが。
そんな話はさておき、そんな早朝ミーティングのおかげで昨日は楽器を運べなかった。途中寄り道して楽器を置きに行くという時間的余裕は流石になく、やむなく夜の練習はサイレントチェロを利用。これはこれで練習なのだが、やはり思ったようには音が出せない。特にクラシック曲は厳しい。
ただ、先日知人宅で試したスピーカーは結構良い響きになっていた印象があり、この辺りは相性というか、出力というか、音の出口が重要ということも分かってきている。ようは何がサイレントチェロには最適かという話ではあったりもする。どうやって探せば良いか分からなくて(ネットでもあまり見ない)放置状態なのだが、来週はライブもあるし、そういった機会を増やそうと思うなら、どこかで探さなくてはならないだろう。調べる糸口がないのがもどかしい。

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

セキュリティ

今日は近隣事業所に出勤という事で、朝が遅い。遅いといっても起きるのが遅い訳ではなく、いつも通りに起きて、洗濯をして、それから家を出て今という状況である。これはこれで 一つの生活リズムではあるが、職住が近接でなければできない話でもある。
で、いつもは大体手ぶらなのだが、今日は鞄を持っている。ただし、仕事道具が入っている訳ではなく、今日は夜練習があるためで、ようは楽譜(GVIDO)が入っている。それだけであるならひらくPCバッグでは少々大げさではあるのだが、Amazonの宅配用包装と同じで、都度使い分けるのも不便なので、こうなる。
いつもの事業所ではないのに仕事道具は不要なのかといえば、最近はサテライトオフィスとクラウドの環境が整ってきたので、普段のPCに拘らなければ何という事もない。多少の準備はしたが、それで済むなら持ち歩かない方が遥かに楽だしリスクも少ない。
自分の場合は基本的に内勤なので、そもそも仕事に関わるものを社外に持ち出すというのは、不要である以上にリスクであろう。外勤であっても必要最小限に留める努力というのは本来必要だし、その辺りは本来個人の努力ではなく会社としてなすべき事だ。個人の鞄を会社用に使うというだけでも、情報管理上はリスクになりうるという事を(社内での情報閲覧にセキュリティレベルを設けて制限するぐらいなら)考えても良いぐらいだ。
などと書きつつ、流石にそこまで制限されると自分も窮屈だし、例えば個人のデバイスを仕事に使う事自体リスキーな話ではあるので、藪蛇にならないように黙っていたりする。

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

デュオコンサート

先週に引き続き、朝の時間が不規則に(というか早く)なっていて、昨日もブログはお休み。少しづつストレスが溜まってくる。毎日書いているとネタが尽きてくるのだが、ネタのある無しに関わらず書かないと落ち着かないのは、歯磨きのような位置づけになっているのであろう。
さておき、昨日は思い立ってハープとチェロのデュオコンサートに行ってきた。前日日曜日にマエストロから紹介があったコンサートで、都心部のホールではないので集客に苦戦をしていたのだろう。当日でも入れたし、(残念ながら)席は結構空いていた。
興行的な課題はさておき、演奏者は共にベルリンフィルの首席奏者という事で、超一流であったのは間違いない。流石に(立地的に)開演には間に合わず、第二部から聴かせていただいたのだが、素晴らしい演奏だった(あまりその辺りを表現できる言葉を持ち合わせていない)。
個人的な持論としてはオケの迫力はステージよりもオーディオが勝る場合があるが、アンサンブルはステージの方が確実に迫力が上だと思っている。もちろん奏者が一流であればの話だが、ホールのサイズ感(多くは小ホールだ)からくる距離感含め、アンサンブルはより「生演奏」感が強く、そうした空気感をオーディオでは再現しきれていない場合が多い(なのでアンサンブルの音源はあまり持っていない)。
そういった意味では、こうしたコンサートがあればもっと積極的に足を運んだ方が良いのだろう。来年はオケよりもアンサンブルに注力したいという事もあるし。
至福の時間でした。

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

生産性を上げる

今週は諸事情により(というか仕事だが)、朝、時間を取ることができなかった。
 
そういうこともあるさとも思いつつ、これが恒常化しないように気をつけていかなければならない。終わらなければ時間をかければ良いという発想をベースに持っていたら、生産性(時間当たりの生産性)は上がらないからだ。
そんな訳で今週は生産性の低い時間を過ごしてしまったという事になるのだが、棘のように残ってしまっていたタスクも幾つか終わらせる事が出来たので、多少は良しとしなければなるまい。とはいえ本来であればそうなる前に終わらせていなければならなかった案件ではあるので、基本的には反省事項だろう。
兼務となって仕事が(基本的には)増えてからすでに1ヶ月経ったのだが、新しい仕事において何かをやった感がまだない。それは従来の仕事のやり方を変えておらず、つまりそちらだけで時間を使い果たしてしまっているからだ。2つの仕事のウエイトを半々に持っていくにあたって、従来で100%使っている状態では、単純に稼働を200%に拡大するしかなく、それは不可能だ。
つまりウエイトを変えるというのは上乗せするという意味ではなく、従来の方の生産性を上げて時間を作り出すしかない。ただここに課題があって、従来の仕事も新しい仕事も時間当たりの生産性の指標がなく、ようは何を向上させれば良いのかというKPIが設定出来ていないのだ。
やはりドラッカーの言うように、一度は全てのやる事にかかっている時間を細かく計測していくしかないという事なのか・・・ただ、ドキュメントのチェック一つとっても、ボリュームや難易度はバラバラで、ルーチン的な視点で効率化を図れる仕事はあまりないというのが実態ではある。
結果としてかかる時間だけが肥大化していく。もちろん個々には早く終わらせるための工夫をしているのだが、結局の所その成果が見えてこない状況なんだよね・・・。

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

コード譜

週末になって先週末の話をエントリーするのも何だが、先週末は11月下旬に予定されているボサノバライブの練習もあった。練習というか、打ち合わせというか。
まずは当日演奏するセットリストと呼ばれるプログラムの検討。中心となるギターの方が(というか、その方以外はボサノバ関係者ではなかったりするのだが)考えたセットリストを元に、実際に音を出しながらやるかやらないかを判断していく。
「判断基準は雰囲気」という感じで、なんというか、ゆるいと言うのか、これで大丈夫なのかと不安になったりする。一応チェロに関しては楽譜を用意してもらっているのだが、ピアノなどアドリブでとりあえず弾いたりしている。でもまぁ相手は何度もこういったライブを経験している訳で、こんな感じでも良いのだろう。なるほど「ライブ」という呼び方にふさわしく、おそらくリハーサルと同じ演奏が本番で奏でられる事はない・・・気がする。
こうした音楽は、クラシックだけやっているとなかなか経験できない。つくづく自分は楽譜がないとダメだというか(その楽譜もあまり読めていないのだが)、旋律とコード譜だけでゆるくアドリブを入れたりするのを聴いていると、うらやましく感じたりする。今回のライブのメンバーにベースはいないので、コード譜が読めれば(まぁ軽く教わったりしたのだが)ベースラインで参加できることもできるのに・・・と思うのだ。
いやボサノバ的にはチェロはオブリガートを弾ける美味しいポジションなんだけれども、それだけというのも申し訳ないというか。
ただこのメンバーでのライブに関しては、1回限りという事にはなっていないので、ゆくゆくはコード譜でなんとかセッションに参加できるようになりたいものである。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

アンサンブルコンサート

週末はアンサンブルコンサートの本番もあった。
TwitterのDMで(それしか互いにつながるチャネルがなかったからだが)ひとまずお誘いいただき、スケジュール的にはいけそうだったので承諾。数回の練習を経て本番となった。
クラシックではなくゲーム音楽のアンサンブルということで、クラシックであれば曲を聞いての判断(できるできないとか)もあるのだが、承諾しなければ楽譜も作られないという点がまずはハードルであろう。経験上オーケストラではそこまでの技巧は要求されないが、アンサンブルではどうなるかも分からない(実際自分のパートはともかく、他のパートには鬼畜のようなセクションは存在した)というのは、なかなか勇気がいる。多くの参加者は「それでもそのゲームの音楽が好き」という事を動機に参加するわけだが、自分にはそれもない。
そういった意味では終了後に来場者から「なぜ参加しているのか」みたいな違和感を表明されたりもしたのだが、単純に「アンサンブルに興味があった」というのが正直な話だ。それもできればクラシックではなく、異なるジャンルが良い。その方が色々世界が広がるような気がするからだ。
本番については、超絶技巧というほどではないのだが、それなりの難易度のセクションというのはあったりして、ちょっと編曲者に申し訳ない演奏をしてしまった箇所もあったのだが、概ね上手くできたと言って良いだろう。最近オケでは周囲の大音響に自分の音がかき消されてしまい、疲れてしまう場面もあるのだが、むしろ冷静に丁寧に音を出すという事が(多少は)できたような気がする。
メンバー(と編成)に恵まれたということもあって(特にベースの存在が大きい)、気持ちよく弾くことができたのは確かだ。
さて、今回のプログラムでは明らかにオケ編成規模のものをアンサンブルに仕立て直したものと、原曲自体が小編成のバンド向きというものがあって、オケ編成のものはやはりオケ向きかなと思ったのだが、バンド向きのものがとても雰囲気が良かった気がする。できうることならホールではなく、いわゆるライブハウスとかバーやサロン、ストリートみたいな場で演奏できると、ぐっとそれっぽくなるというか、また一つ世界として広がるような気がしなくもない。一度に多くの人に聴いてもらうことは難しいが、逆にレパートリーとして何度も演奏できれば、アドリブやアレンジを加えながらブラッシュアップしていくことも可能だろう。

来年はそういうのをやりたいんだよね。聴いてはもらいたいけれども、固唾をのんで見守ってもらうよりは飲食しながらゆったりとした雰囲気で聴いてもらうような音楽ができると良いんだよな〜と改めて思ったのだった。

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

機種変更

週末は色々あったのだが、まずは機種変更の話から。
XPERIA XZ PremiumをXPERIA 5に機種変更した。
予約注文をしていたので、docomoでの発売日に到着。こういう買い方は自分としては珍しい。
乗り換えは色々調べながら進めたのだが、LINEのデータのバックアップを忘れてしまい、過去のやり取りが吹っ飛んでしまった。前回の機種変更時にもやってしまっていて、当時はそれほどやり取りはしていなかったのでさほど困ることもなく終わったのだが、今回は直前にやり取りをしていたグループがあって、それが週末の予定に関わる内容だったので、少々困ることになった。
前の機種から設定を引き継ぎますか?というセットアップ方法があったので、それを使ったのだが、一番期待したアプリアイコンの配置については特に引き継がれず、これであれば更で設定して必要なアプリだけ入れ直しても良かったかもしれない。ただ、全機種に入っているアプリがそのまま移行できるのは確かに便利ではある。
すべてのアプリを試したわけではないが、今のところLINE以外は概ね問題なく移行できた模様。ただ、iDの以移行だけうまく行かなかったようで、dカードminiの設定ができなかった。ショップに来いとメッセージが出ているが、あとはminiを使うかどうかだろう。普通にクレジットカードを登録しても良い訳だし。
音楽データなどはまだ移行ができておらず、今のところはWF-1000XM3などの接続先はXZ Premiumのままである。今回は下取りを利用していないので、このXZ Premiumをどう活用するかというのも思案のしどころである。今日は持ってきていて、ネットワークにつながればブログもそちらで書こうと思ったのだが、うまくdocomoのネットワークにつながらない。PCの接続などに使っている別のアカウントで接続すれば良いはずなのだが、設定がうまくできないのだ。

ただ、週末にmicroSDも準備したし、全面的に移行してしまって問題ないといえば問題はないだろう。

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

寄り道

結局のところ割り切りの問題だと思うのは、昨日はiPad miniがなかったけれどもそれで何か困るという事がなかったからである。
が、一方で何かがない事によって「起こらなくなる」事象というのは、認知されにくいものなので、結果として何かができなくなっていても気づかないだけという可能性も高い。実際のところ以前の手ぶら通勤に関しては、帰りに寄り道して雑誌(dマガジンだが)をチェックするという事がなくなっていた。
(ただまぁ寄り道という視点で捉えるなら、すべき寄り道は様々なスポットに行くというものであるべきで、毎日同じカフェによって雑誌を読むのは寄り道としての価値は薄い。)
昨日はハロウィンだったので、少しだけ渋谷の街を歩いてみた。歩いてみたと言っても、センター街の奥の方を少しかき分けてみただけで、スクランブル交差点を歩いた訳でもない。正直なところ、自分の中にはこうしたイベントを楽しめるという感覚もなく、単に人混みに紛れただけである。そういう意味では寄り道というのはもう少し違ったものであるべきだろう。べきというのはかたすぎるが。
一方、手ぶらであるというのは歩き回るという意味ではやはり身軽さを実感する。以前もサイズ的にたいした鞄を持ち歩いていたわけではないが、肩に何かが掛かっていればやはり歩き方はいびつになる。現実には上着には結構なモノが入っていて、それなりの重さが体には掛かっているのだが、ずり落ちたりはしないので、何か気にする必要がない。

本当はこうした身軽さをもっと活かすべきなのだろう。雑誌などで見つけた気になるスポットは実はKeep上に蓄積していたりするので、機会があれば行ってみたいところがないわけではないのだ。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »