« アンサンブルコンサート | トップページ | 生産性を上げる »

2019年11月 8日 (金)

コード譜

週末になって先週末の話をエントリーするのも何だが、先週末は11月下旬に予定されているボサノバライブの練習もあった。練習というか、打ち合わせというか。
まずは当日演奏するセットリストと呼ばれるプログラムの検討。中心となるギターの方が(というか、その方以外はボサノバ関係者ではなかったりするのだが)考えたセットリストを元に、実際に音を出しながらやるかやらないかを判断していく。
「判断基準は雰囲気」という感じで、なんというか、ゆるいと言うのか、これで大丈夫なのかと不安になったりする。一応チェロに関しては楽譜を用意してもらっているのだが、ピアノなどアドリブでとりあえず弾いたりしている。でもまぁ相手は何度もこういったライブを経験している訳で、こんな感じでも良いのだろう。なるほど「ライブ」という呼び方にふさわしく、おそらくリハーサルと同じ演奏が本番で奏でられる事はない・・・気がする。
こうした音楽は、クラシックだけやっているとなかなか経験できない。つくづく自分は楽譜がないとダメだというか(その楽譜もあまり読めていないのだが)、旋律とコード譜だけでゆるくアドリブを入れたりするのを聴いていると、うらやましく感じたりする。今回のライブのメンバーにベースはいないので、コード譜が読めれば(まぁ軽く教わったりしたのだが)ベースラインで参加できることもできるのに・・・と思うのだ。
いやボサノバ的にはチェロはオブリガートを弾ける美味しいポジションなんだけれども、それだけというのも申し訳ないというか。
ただこのメンバーでのライブに関しては、1回限りという事にはなっていないので、ゆくゆくはコード譜でなんとかセッションに参加できるようになりたいものである。

|

« アンサンブルコンサート | トップページ | 生産性を上げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンサンブルコンサート | トップページ | 生産性を上げる »