« 会議の無駄 | トップページ | やる事がなくなるという事はない »

2019年12月 9日 (月)

最後の練習

昨日の練習では「最後の練習ですね」と言われた。確かに、残るはホールでのリハーサルだけなので、これでしばらくオケの(通常の)練習からは遠ざかる事になる。いや会社のオケはあるので、「練習」それ自体はあるのだけれども。
後任についてはちょっと微妙な問題が生じて、もう少し動く必要があるかもしれないという気がしてきた。できれば個人の肩に全部おっかぶせるよりは、協議相談ができるような体制にしておきたい。本来ならばそれは委員長なりの役割だったりするのだが、現行の体制ではそれが難しい。というか、現委員長を理由に後任の話を断られたりすると、どんな人望だよと思ったりする。
規約上、委員長は委員の互選である。
が、事実上それでは動かない。それは自分がやっていた時もそうで、形式上は選出されるものであっても、現実には組閣に近い状況ではあるのだ。各パートの代表である演奏委員から演奏委員長を選ぶのとは、その辺りの環境が異なっていて、自然ある程度「委員長と上手くやれる人物」が係をやらざるを得ない。委員長「が」上手くやれる人物ではないというあたりが、事態を面倒にしていて、だったら委員長が好きに選ぶ(というか打診する)形にしてくれよと言いたくもなるが、それは規約上の考え方に反している。
オーケストラの運営というのは、面倒な仕事である。当人の多くは「楽器を奏でるために」参加しているのだから、それ以外の役割を面倒に感じるのはどうあっても避けられない。そういった意味では手を挙げてやってくれる人物というのは貴重で、それは委員長であっても同様なのだが、手を挙げてやろうという人間は、時にそれ以外の思惑も持っていたり、それ自体をマウントのネタにしたりするのが難しい所だろう。当人にその気はなくても、周囲からそう見られてしまえば関係ない。
それにしても、来週は最後の本番だというのに、演奏内容そっちのけで、当日の打ち上げの話とか、その後の組織の話とか、全然演奏に集中しているって感じがないのはどうなのだろうか。いや大体そうだったけどさ。

|

« 会議の無駄 | トップページ | やる事がなくなるという事はない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会議の無駄 | トップページ | やる事がなくなるという事はない »