« 全開でないのに限界 | トップページ | 新しい板の課題 »

2020年1月15日 (水)

タスクを管理する

昨日は少々立て込んでしまい、久しぶりにそこそこの時間、残業する事になった。単純に日中の打ち合わせが多く(今日もそうだが)作業のための時間を取れなかった事によるのだが、振り返ると少々ダラダラしてしまっていた感も否めない。二重の依頼をしてしまうなどミスも多く、残業という時間を効率的に使えたかと言えばかなり怪しい。
 
何事も短時間で済ませれば良いというものではないとは思っているが、処理の速度を上げる事で結果早く終わるのは悪い事ではない。それは分かっているが、処理速度を上げるというのはストレスが大きく、特に残業すると決めた場合は残業のストレスを低減するために、処理速度向上のストレスを下げてしまっている(=処理を遅くしている)傾向があるような気がする。
 
元々、時間に縛られた勤務形態というわけではない。ただ自分の人生という視点でも、時間を効率的に過ごす工夫というのは重要だ。その為に仕事の時間に制限を設けるのは重要とは思っていて、制限内に終わらせる為の工夫は色々やりたいというのが本音である。
 
ただ、昨日はとりこぼした。これは時間を工面する工夫が、「空き時間を見つける」といったベクトルに偏っていて、やるべき事(やるべきでない事)の整理・整頓という方向に向いていない事に起因している・・・と思う。
 
昨日、整理が出来ていなかった事は何だろうか。二重の依頼に関してなどは間違いなくそれに該当する。これはやるべき事とその進捗がスッキリ出来ていない事による。記憶で対応するのはほぼ無理なので、タスク管理などをしっかりできればと思うのだが、そこが整理されておらず、うっかり登録してしまった不要なタスクを除外する仕組みがない。
 
現状タスクはGoogleのTODOを使って管理する事が多いのだが、そこに思いついて登録した際に、どこまでが既に済んでいて、どこからをやるかという部分が曖昧だった。TODOはシンプルなので、登録が容易な分、複雑な案件を整頓するのには向いていない。とはいえ、タスクを整頓するのに複雑な手間をかけるというのも本末転倒だろう。
 
複数の案件が同時並行で走る場合にその進捗を確実に管理する方法は何があるだろうか。

|

« 全開でないのに限界 | トップページ | 新しい板の課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全開でないのに限界 | トップページ | 新しい板の課題 »