« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月28日 (金)

愚痴で終えるか、チャンスとするか

小中高の休校を政府が要請して、一気に混沌としてきた感もあるが、ポジティブに捉えるなら働き方を変えるチャンスとも言える。特に「制度だけは」整っていると言われる大手企業は、「心理的に」なかなか取れないといわれる在宅ワークや育児休暇、有給休暇、フレックスを「大手を振って」取らせるチャンスとして、人事や総務の担当者は動くべきだろう。そこでそういった推奨ができるかどうかが、その企業の本気度を見定める基準になるのは間違いない。
(そういった意味では今回踏み絵を提示されているのは男性社員や管理職、経営者であろう。現場にしわ寄せをするような会社は、それこそマスコミがバンバン報じれば良い。)
 
一方で、そうした制度が整っていない規模の企業になると少し話は違ってくるかもしれない。あるいは製造現場にように「人が集まる事」が前提となっている職種もそうだろう。北海道で看護職が(休校の影響で)2割休む事態が発生した・・・みたいなニュースを見ていると、単純に働き方改革みたいな言葉で濁せる話ではない。厳しい見方をすればそれも企業としてのリソースマネジメントがしっかりできているかという話になるのだが、日本人は現場の「マンパワー」を誇るわりには「ヒューマンリソース」のマネジメントができていないので、一朝一夕でなんとかなるというものではあるまい。
 
個人のレベルでも、会社の制度はなくてもできる事はないか、自分ならどうするかを考えるのは重要だ。逆に理想とする働き方があるなら、それを会社に導入させるチャンスと考えることもできるかもしれない。自分自身の場合は昨日書いたように在宅勤務はしたくないと考えているが、妄想や愚痴でそうした制度を求めていた人であれば、(それが口先だけでない限りは)それをやらせろと会社に訴えるチャンスでもある。その時に尻込みするなら、普段からそんな愚痴は叩くべきではないし、不満のタネとするべきではない。
 
今回の新型コロナは、働く環境にそれこそ天変地異のような変化をもたらしているのだが、進化するというのはその変化に対応するという事でもある。変化についていけなければ、淘汰されるだけだ。

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

出社の事情

常ならば今日は早朝ミーティングがあるのだが、新型コロナの影響もあってミーティングは中止となった。部署としても在宅推奨なのだが、兼務という立場上、一方が在宅であってももう一方は出社であったりする。
 
正直に言えば、在宅はしたくない。
 
まず大前提として、在宅ではすべての業務をこなす事ができない。これは仕事のやり方とかいったレベルの話ではなく、一部の仕組みに会社のネットワーク環境でなければできないものがあるためだ(リモートでのアクセスができない)。逆にそれ以外はほとんどスマホだけで済ませる事ができるのだが、過去そのつもりでいたら結局出社しなければならなくなった事があり、そういった意味では会社にいた方が都合が良い。(それはつまり現在在宅を余儀なくされたら、その部分の業務は完全に滞るという事だ。)
 
さらに仕事の効率から見ても、在宅で会社にいる時と同等以上のパフォーマンスを出すのは難しい。業務ができるというのと、効率よくできるというのは別の話だ。そもそもその方がパフォーマンスが高いのなら普段から在宅をしているだろう。今の所在宅やリモートというのは、いざという時にはできるというレベルにとどまっていて、会社にいるより効率が良いという事はない。もちろんやる事の内容によっては(ソロワークなど)効率が高いものもあるが、今の仕事の多くはソロワーク中心であるとはいえない。ソロワークの効率が良いからといって、仕事全般の効率が良いとはとても言えない。
 
(これは仕事というものの捉え方の問題で、個人的にはソロワークは最低限にしてコミュニケーションワークを増やす事が重要だと考えているためだ。会議ムダ論はソロワークを優先して考えている傾向があるのだが、ソロワークこそAIなどに任せて、コミュニケーションワークにこそヒトは力を注ぐべきと考えている。ま、現実にはソロワークを他人に任せる事ができないため、結果時間を取られる会議がムダに思えてしまうのだが、本来はソロワークに費やす時間こそムダであろう。)
 
あとはそもそもとして、自宅が仕事をできるような環境ではない、という事があるだろう。普段から集中して何かをする時にはカフェなどに行っているのである。仕事ができる環境が、物理的にも心理的にも整っていない自宅で仕事をするなど悪夢でしかない。
 
という訳で出社するのである。

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

リスク対応

電通や資生堂の話などが出てきて、いよいよ本格的にリスクへの対応が(対策が、ではなく)必要になってきた感がある。感染症としてはエボラのようなものではなく、インフルエンザと同様と言ってしまえばその通りなのだと思うが、今回の対応に求められているのは、粛々と封じ込めが出来るかという社会インフラ、企業インフラ、心理インフラが「整っているか」どうかだろう。インフルエンザ程度に抑え込めればそれでよし、そうでなければ国際社会や付き合いのある企業から「その程度か」と思われてしまう事態をいかに防ぐか、という事のような気がする。
 
今年はオケを休んでいるのでそういった事に頭を悩ませる必要がほぼない(Kオケは判断軸が通常のオケとは違うし)のだが、2年前4年前6年前であれば、特にF響においてどうするかというのは相当頭を悩ませる事態に陥っただろう。皆さんには申し訳ないが、離脱している時で良かったとでもいおうか。F響に限らず、会社でこれだけある種の厳戒態勢にある時に、練習に行けたかというのはかなり怪しく、その点で頭を悩ます必要がないだけでもストレスは少ない。
 
こうなってくると、怪我でスキーに行けなくなったというのも、そういった悩みを払う効果があって、人生何が幸いするか分からないものだと思ったりする。スキー場で感染するリスクはもちろん低いのだが(何せ食堂とかもほとんど使わないので)、別経路であっても感染した場合に、そうした履歴がある事は脇の甘さとして見られる事につながる。
 
こうした心理を過剰な自粛として批判する意見もあるが、出社だけが仕事の手段ではないように、イベントや外出だけが消費の手段ではない。どうせならこの機会にインドアで楽しめる何かを探したいものだし、そういうサービスは積極的にアピールすべきだろう。それを不謹慎だと批判した時に、本当の意味での過剰な自粛が始まるのだ。
 
テレビの視聴率とか上がってたりして。

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

新型ウイルスと働き方改革

今朝の電車は心なしか人が多かった。残業抑制が話題になった時にも朝方向にシフトして人が増えたのだが、新型コロナウイルスへの対応で時差出勤を前に倒す形でやっているのではあるまいなと不安になる。いつも使っている身としては、いつもじゃない人が流れてくるのはストレスであるだけでなく、今回はリスクでもあろう。
 
個人レベルの対策としては本来インフルエンザと何ら変わらない新型コロナウイルスであるが、こうした形で働き方へのインパクトに繋がってくるであれば、どうせならばよい形のインパクトとなって欲しいという気持ちはある。みんなが揃って同じ方向に時間をずらしては意味がないのだが、フレキシブルな勤務形態になるというのはその一つの方向性だろう。
 
実際の所、「大勢が一ヶ所に集まる」という事が感染拡大のリスクに繋がるのであれば、いかにそうならないように工夫するかというのは考えてよい話だ。そこには文字通り従来のやり方とは違った工夫が必要であり、やり方を変えるストレスはつきまとうが、それは慣れの問題である。仮にそれでは(集まらなければ)非効率だという結論に至ったとしても、それが分かって意識して行うだけでも大きな違いだろう。
 
自分自身の仕事に関していえば、出来なくはないのだが積極的に行うほど効率は上がらない、といった所だろうか。あえていえばサテライトオフィスを活用すれば市中感染のリスクは減らせるだろうが、リスクの低減がせいぜいで、メリットを出すという所までは至らない感じがする。そこは工夫が足りないというか、自分自身の仕事のやり方を変えていないからで、そこで何を変えればメリット創出にまで繋がるのかは考える必要があるのかもしれない。
 
今の所は「出来ますよ」と「自分としては楽になりますよ」までで、「会社としてこんなメリットが出ますよ」とまで言えないというのが弱いという事だ。働き方改革というのはそうではあるまい。

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

やり方を変える

昨日は安定の早朝ミーティング。いつもより1本早い電車に乗ったのだが、そうすると家を出るまでの余裕がなくなる代わりに、会社に着いてから少し余裕ができる。どちらを取るかは微妙な選択だが、自宅を出る時間を早めるのはそれなりに努力が必要で、それに見合うメリットが会社についてからの余裕にあるかと言えばそうではないだろう。昨日は少々立て込んでいて、その余裕を必要としていたというだけだ。
 
新型コロナウイルスへの対策で、Kオケの練習も中止にしているため、夜は少々時間ができた。とはいえ、ウイルス対策として練習を中止にしているのに、人のいるところで遊びまわって感染リスクを高めては意味がないという事で、大人しく帰宅。この「自粛感」は景気的には問題だと思うのだが、実際には家での夕食のための買い物は、普段の夕食の倍ほどの金額になってしまったので、個人レベルではむしろ景気に貢献していると言えるかもしれない。(食べ過ぎである。)
 
会食やイベントがなくなるという事と、金を使わないというのは、必ずしも一致しない。新型ウイルスの影響が景気にあるというなら、その環境下でお金を使う(使ってもらう)にはどうしたら良いかというのを「きちんと」考えた方が良い。小売であればネット販売に力を入れるといった方法もあるだろうし、イベントでも中継の方法を工夫するとか、飲食でも出前などを考えても良いかもしれない。個人レベルであっても、支出の方法は変わっても、支出レベルを落とさなければ、経済としては循環する。便乗して自粛みたいなことをしてしまうから景気が落ち込むのだ。
 
むしろやり方を変えるチャンスとぐらいに思わなければダメなのだ。うずくまって行動を停止しても、何ら事態は好転しないし、これまで通りのやり方を「頑張っても」リスクが高まるだけであれば、状況に合わせて何を変えるのかを考えていかなければ意味がないのだ。

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

仕事管理

会社で仕事管理のためのツールが新たに加わった。
 
これまで仕事の管理はGoogleAppsで使えるツールを中心に組み立ててきたのだが、職場的にはこちらを活用していくという事なので、やり方を変えていかなければならない。
 
それ自体は悪い事ではない。ツールが変わるというのは、仕事自体のやり方を変えるチャンスでもある。ただ、過渡期においては混乱というか、試行錯誤というか、生産性が低下するという事象がどうしても発生する。それが発生しなかったら、変えたとは言えないだろう。
 
昨日は説明会があったのだが、最初の設定というかいくつか部署としての決め事をする必要がある。その辺りが一番手こずる所かもしれない。何しろこれまではあくまでも個人の仕事管理としてやってきたのを、組織の仕事管理に変えていかなければならないのだから。

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

ライフログ

基本的に大抵の予定はGoogleカレンダーに登録をするのだが、食事に関しては約束した会食や飲み会以外は登録していない。
 
これもライフログ的にカレンダーに登録をしていったらどうなるだろうか、とふと思いついた。最近写真を撮ると、頻繁にGoogleマップが写真をアップロードしろと迫ってくるのだが、場所の情報が違っている事がある。これも解消されるかもしれない。
 
そこまで個人情報を提供して大丈夫なのか、という懸念はもちろんあるのだが、そこは少し楽観視しているというか、リスクとベネフィットのどちらを取るかという話だ。個人的にはその結果提供されるであろうサービスの方に関心があって、Googleにどこまで情報を提供したら、どこまでリターンが得られるかと考えていたりする。
 
楽観というより、達観といった方が良いかもしれない。どの道情報を取られるのは避けられないのであれば、無理に隠そうとして不便を感じるよりも、積極的に活用した方が良い。そういったある種の割り切りと言っても良いだろう。
 
大体において、悪意というのはシステムではなく人が抱くものだ。SNSで生活を晒すよりも、Googleに情報を登録する方が、そうした悪意からは遠いだろう。システムだからこそ他人に利用されてしまうリスクはもちろんあるが、それはコロナとインフルエンザのようなもので、悪意をもたれたらどの道リスクは変わらないのだ。
 
そうであれば、コロナのように恐れるのではなく、インフルエンザのように心構えた方が良いに違いない。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

音楽を聴く

土曜日はKオケのソロ合わせだったのだが、当然まだ弾けず・・・ただ、逆に弾いてないから見える事というのもあって、これはこれで一つの経験だなとは感じた。弾いていてもよく聴いて見えていれば分かる事だが、どうしても弾く事が最優先となって抜け落ちる側面はあるものだ。
 
さておき、スキーとオケがないので、土日の予定がない。
 
加えて新型コロナのリスクが頭をよぎり、この土日は練習以外の外出は控え気味だったので、土曜日の午後に至っては昼寝をしていたりしたのだった。これはこれで幸せな過ごし方だとは思うのだが、終わってみるとやはり何となく時間を無為に過ごしてしまった感がある。
 
ちょっと感じたのは、自分は聴くのはあまり好きではないのではないか、という疑念だ。いやそもそも音楽が好きなのかと言われるとどうなんだろうかと考えてしまう側面もあるのだが、それは横に置いておくとしても、この土日の話であれば、何らかコンサートを探して足を運ぶという事は可能だったはずである。
 
だが、そうはしていない。しなかったとかしたかったとかではなく、結果振り返るとそうしていない。そういうある意味無意識の行動というのは、実は結構本音に近いのではないかという気がする。
 
実際の所、TLに流れてくる知人の様子を見ていると、様々なコンサートに足蹴しく通っている。通っている人の情報ばかり流れてきているだけ、というのは分かっているのだが、それらを眺めていると、自分はそこまで貪欲(貪欲というほどでもない)になれるだろうかと考えてしまうのだ。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

聴き専の獲得

昨日はゲームオケの合奏イベント。オケ活動は基本お休みしているのだが、1日1回限りのイベントはたまのオケという事で機会があれば参加しようと考えている。
 
・・・が、当然ながら弾ける訳もなく、ただ聴いて飲みに行くだけとなった。何というか、相当イタい。怪我でこうしたイベントに参加できなくなるのは二度目なのだが、一度目同様相当に悔しい気がする。
 
そんな参加できなかった合奏の話はさておき、酒の席では「聴き専」のお客をどう獲得していくか、みたいな話になった。我々プレイヤーはもちろん聴く事もあるのだが、多くが練習という時間に阻まれて、演奏会に足を運べない事も少なくない。そこで重要なのが専ら聴くだけの聴き専客という事になる。
 
ただこれはゲームオケであれクラシックオケであれ、意外と難しい。自分も含めてだが、多くは「プログラム」に惹かれて足を運ぶのであって、「団体」に惹かれてという事はあまりないからだ(もちろん海外のビッグネームなどは別だがあれはまた事情が異なるだろう)。ゲームオケにおいても、取り上げるタイトルによって集客は大きく異なり、たとえば複数のタイトルをオムニバスに取り上げると入らない・・・みたいな事もあるらしい。
 
一方で「ホールについている客」というのも一定数存在して、杉並公会堂などはそうした集客が一定数あるらしい。地元密着のホールのあり方としては理想像だが、とはいえそれを「団体の客」とするのは難しいだろう。そもそもホームとなるホールを持つアマオケというのはあまりない。
 
そうした「団体につく客」を獲得するには、そもそも団体としてのコンセプトがある程度尖っている必要がある。特定の作曲家なり、特定の作品なりを専ら取り上げるといった形だが、これは一方で奏者の飽きというか、停滞を招くリスクもあるので、長く続けようと思えば必ずしも得策とはいえないし、コンセプト自体のバリエーションにも限界があるだろう。
 
ただ、そう考えると意外と「企業オケ」みたいなコンセプトは、社員という固定客が付きやすいという意味で良いのかもしれない。ま、Kオケに関してはそもそも聴き手を社員以外に求めていないのだけれども。

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

スキーシーズンの終わり

今シーズンのスキーが終わってしまった・・・。
 
土曜日の診察でMRIの結果を聞いたのだが、思ったよりも重傷であったらしい。左肩は亜脱臼(一度外れて戻った)、肩の筋肉がかなり広範囲に断裂しているとの事。医者の話では、「三角巾で腕を吊っていてもおかしくないような怪我だった」そうで、おそらくこちらが痛みをそれほど大袈裟に伝えていなかった事もあり、医者にとってもやや意外な撮影結果であったらしい。再度「転倒の時の状況は覚えていますか?」と訊かれた。
 
いずれにせよ、今シーズンのスキーは諦めるように言われ、この後はリハビリを重ねていくという事になる。最長で5ヶ月程度とリハビリの説明書にはあった。
 
スキーはもちろんだが、当面はいわゆる投球する時のような腕肩の動きは禁物ということで、つり革も左手は使わないように指導された。言われるまでもなくそこまで腕が上がらないのだが、最低でもKオケの本番までには「動かす事は可能(リハビリ中でも)」な状態までには回復して欲しいものだ。
 
それにしても・・・呪いなのかバチが当たったのか、幸か不幸かオケを休んでいたのでその面での影響は少ない(例年なら一つ二つ本番があるところである)のだが、1年かけて休む準備を整えてきた挙句がこれかよ、とは思わなくもない。最低でも来年春まではお休みは継続だろ、と考えたりする。
 
何だかな〜この季節にスキーができないって何をして週末を過ごすんだよ。いやオケがあっても同じ状況だからまったく別の事を考えなければならないんだけどさ。

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

練習以外

水曜日はMRIの撮影。待合室には意外と人がいて(失礼)なるほどと思ってしまったのだが、簡単な問診の後に着替えて撮影。金属類はもちろんだが、ヒートテックも着ていると熱くなってしまうのでダメなのだそうだ。
 
初めてのMRI・・・だと思っていたのだが、そういえば昔脳ドックを受けた時に似たような撮影があったような気がする。あれはCTだろうか。撮影後は何となく身体がポカポカするというか、血行が良くなったような気がしたのだが、多分気のせいであろう。
 
撮影後は渋谷フクラスに出店したつじ田で久しぶりにつけ麺をいただき、帰宅。撮影の結果は土曜日にならないと分からない。
 
親指の痛みは大分ひいてきたが、では力を込められるかといえばそうではない。今朝も湿布はしていて、意外と長引いている印象がある。
 
肩の方はもっと酷くて、週の前半は肩よりもむしろ上腕部だったのだが、徐々に肩の方が痛くなってきている。痛さに悶えていた初日とは状況はもちろん異なるが、動かすと痛い状況は変わらず、真横以上にあげることはできない。
 
そんな訳で昨日のKオケの練習では、楽器は弾かずに会社への練習場利用の申請とエキストラの勧誘をやっていた。考えようによっては後まわしになりがちな諸々を進めるチャンスではあって、3月の演奏会の準備だけでなく、今後に向けての検討なども出来ると良いかもしれない。というか、それしかできないとも言える。
 
そしてうっかりというか失念していたのだが、来週火曜日に合奏イベントがあるのだった。ちょっと今の状況では弾けるほどに回復するとは思えない感じになりつつある。何か用水路に落ちた時みたいな状態になってきたな。

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

WF−1000XM3の接続先

怪我の事しかネタがない・・・訳でもないと思いたいのだが、関心ごとがもっぱらそこに向かっているので、あまり他の事が思い浮かんでこないのだ。
 
少し前にWF−1000XM3の接続先をXPERIAからiPad miniに変更した。XPERIAのバッテリーの消費を少しでも抑えたいと思ったのと、音楽を聴くという事を考えると所有全曲が収納されているiPad miniの方が「聴きたい曲を聴ける」状態を作り出せるからだ。
 
実際にはXPERIAのバッテリー消費はあまり変わらなかったのと、音楽にしてもシャッフルで聴いているのであまり状況が変わらない。Podcastの取り回しが若干iPad miniの方が手間で、結果的にはやや不便という感じになっている。
 
不便という意味では、XPERIAへの通知関連がキャッチできないというのが一番不便だろう。通知はVenuでも良いかと思ったのだが、手首の振動というのは意外に見落としがちで、特に電車の中などでは、耳からの通知が非常に役に立ったりする。
 
一方、音楽に関してはiPad miniのライブラリをシャッフルで聴いていると「そういえばこんなのも持っていたか」というのに遭遇するので面白い。XPERIAは収納曲数的に「意識的に聴こうと思った曲」しか入っていないので、それ以外の曲への接点がどうしても薄れがちになるのだ。
 
通知の事などを考えると、接続先はXPERIAに戻した方が良さそうなのだが、どちらかというと音楽よりもPodcastや通知が中心になってしまうので、何となくWF−1000XM3を使うのは「もったいない」という気がしてしまっている。とはいえ、そのためのデバイスを用意するのでは本末転倒だし、そもそも耳は1組しかないので両方を同時に着ける事はできないし。
 
まぁ接続先は戻そう。iPad miniは現状WH−1000XM3を接続しているので、本気で音楽を聴きたければそちらを使えば良い訳だし、ヘッドホンと使い分けという視点でも、その方が意味はある。むしろXPERIAでどんな音楽を聴くかというのをもう少し突き詰めた方が良いかもしれない。
 
Venuでも聴けるのだが、そこまではとても手が回らないなぁ。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

怪我

昨日は病院に行き、骨に異常はないが、筋組織を損傷しているかもしれないという事でMRIの撮影を受ける事になった。オケを休んだ理由の半分ぐらいはスキーのためなのに、今年は雪も少ないし、怪我をするし、何というか本当に呪いかよと考えてしまう。
 
まぁオケの事を考えなくて良いと気を抜いていたのかもしれない。いやでもスキーに関して過去オケの事を考えてセーブしていた事はないぞ。
 
とはいえ、両手親指の痛みはだんだんおさまってきていて、それは実感しているのだが、医者に言われた通り、左肩についてはあまり改善している感じがしない。これは明日のMRI撮影と週末の再診を待つしかない。ないのだが、今週もKオケの練習はある。来週にはソリストとの合わせもある。何というか昨年の第九直前の網膜剥離を思い出してきた。
 
練習は・・・無理だろう。親指は木曜日までに回復する可能性はあるが、肩に関してはそういう感じがしない。激しく動かすのはもっての外だし、普通に動かすのもきつい。ゆっくりであれば多少稼働できるという程度だ。まずは治す事を考えるしかない。
 
それ以外に出来ることなどない・・・いや事務関係の諸々はあるか。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

転倒

土曜日のスキーで久しぶりに大転倒をかました。
 
子供と接触する最悪の形だったのだが、幸いにしてあちらにはほとんどダメージはなかった模様。さっさと立って滑っていってしまったのだが・・・こちらはあちらの親御さんに心配される程の悶絶状態で、ゴーグルもクラッシュしてしまったので、そのまま上がる事になった。
 
珍しく宿を取っていたので、その後の遠距離ドライブは必要なかったのだが、夜は痛みに悩まされ、翌日の帰路もハンドルの取り回しがやや不安な状態でのドライブとなった。
 
ダメージをくらったのは、左肩左上腕と両手親指。今日時点でも親指に強い力は込められず、左腕は上げられない状態である。これだけダメージを引きずる転倒はおそらく初めてだろう。
 
もっとも前回ゴーグルがクラッシュする転倒をした時は、割れたレンズで眉間を切り、二針縫う事になったので、そこまでではない。ただ、今日病院に行こうと考えているが、骨にヒビが入るとか、折れている状況であれば、今シーズンのスキーは絶望的になる。オケを休んだ呪いかよ・・・。
 
転倒の状況も前回に似ている(前回は大人との接触だったが)。左右に大きく振るのが自分の滑走スタイルなのだが、それに対して相手が直線的に滑降してきて互いがクロスする接触だ。基本的に斜面を横断するような滑走なので、上からの滑走者にはよく注意しているのだが、今回は直前にギャップを乗り越えるのに気を取られ、上への注意が疎かになったのが原因だろう。スピードは・・・まぁ出ていたのは間違いない(数メートル吹っ飛んだし)。
 
前回はどちらかというと後ろから追突されるような接触で、相手方の過失も大きかったと思うのだが、今回には関してはこちらの問題が大きいだろう。基本的に他の滑走者とのマージンは大きく取るようにしているのだが、今回はコースチェンジも伴っていて、相手の進路に侵入したのはこちら側である。そういう意味では、せめて相手方にダメージがなかったのは不幸中の幸いである。
 
さて、診断の結果はどうなるだろうか。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »