« オフィス側の最適解 | トップページ | 「自粛要請」という「責任の肩代わり」 »

2020年3月24日 (火)

呟きの減少

このところFacebookへの書き込みが減っているのは、父が友達となってそのプライベートコメントに負けてしまったからだが、Twitterも含めてポスト自体が減っているのは否めない。これはどちらかというとオケもスキーも(仕事の通勤も)なくなり、生活全体の刺激が減っているということがあるのだろう。
 
新たなネタ元の開発が必要である・・・というのは冗談としても、呟くというアウトプットが生まれない状況というのは、インプットも減っているという事でもある。このブログで書くことも同じような話題が増えてしまっていて、あきらかに生活のテンションが下がってしまっている。
 
新型コロナというご時世的に仕方がない・・・と言ってしまえばそれまでだが、それでも人生の時間というのは刻々と過ぎていて、止まる事はないのだから、それを理由に自身の活性を低下させてしまっては意味がない。
 
在宅勤務でむしろ時間が増えている・・・訳でもないのだろう。時間は通勤であれ等しくあり、例えばニュースのチェックなどは意外と通勤時間以外では行っていなかったりする。SNSでの活性が低下しているのも、「他にやることもない」通勤という時間が失われたためだと考えれば、あるいはルーチンが変わっただけで、その時間を何かに活用できているということかもしれないのだ。
 
ま、今日は在宅ということで、通勤に費やすうちの1時間ほどを睡眠時間の延長に使ってしまったけどね・・・。

|

« オフィス側の最適解 | トップページ | 「自粛要請」という「責任の肩代わり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オフィス側の最適解 | トップページ | 「自粛要請」という「責任の肩代わり」 »