« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月16日 (木)

火事

昨日、父親の家で火事があった。電話で聞いた限りだと怪我はないようだが、風呂場から出火して母屋とプレハブ棟が焼けたらしい。道場は無事だったようだが、母屋が焼けてしまったので、連絡先やら、思い出の品やら、パソコンなども消失してしまったようだ。
 
とりあえず、怪我がなかった事にはホッとする。道場が残っていればひとまず雨風はしのげる(というか、訪問した際に自分が寝泊りするのは道場である)し、実家も近い(子の家は遠い)ので、いきなり路頭に迷うといった事はない。
 
ただ、通常なら一度は訪問すべき所なのだが、時世がよろしくない。自分の体調に現状問題はないが、自分が新型コロナのキャリアではないとは断言できないからだ。ショックで気落ちしている所に感染などさせてしまったら後悔だけでは済まない。これは弟妹も同様で、子供たちは東京在住、父親は岩手在住という距離の壁が、今回は物理的にだけではない形で存在している。(何しろ岩手ではまだ患者が発生していないのだ。)
 
薄情かもしれないが、ここは近隣の身内に頼るしかない。というか、それ以上に父のバイタリティを信じるしかないのかもしれない。ま、できる限りのサポートは考えるのだが。

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

長期戦

ブログの更新も随分と間が開くようになってしまった。
 
Facebookの呟きもできていなかったら(というかしていなかっただけなのだが)、まるで安否確認のような父親からの電話もあったりして、少々生活の乱れというか、在宅生活も一過性のもの的な状況を見直す必要が出てきている。
 
実際の所、これまでは「来週の勤務予定は今週の様子を見極めてから」といった状態が、一気に4月一杯は在宅という判断になった。流石にそうなると、元の生活に戻す事は意識しつつも、今の生活にあわせたリズムを作っていく必要が生じてくる。
 
目下の懸念は、起床時間である。通勤時間を考えた起床時間はこれまでほとんど変化させた事がないが、正直朝の時間を少々持て余す(カフェに行くでもないし)状況にあるのと、この機会に溜まった睡眠負債を少しでも返還すると考えれば、例えば1時間起床を遅らせるといった判断もありうるだろう。難しいのは生活を元に戻す時が辛そうという点だが、といってこのまま無為に朝の時間を浪費するというのも気になる。いや早朝に散歩するとかいった考え方もあるのだけれども。
 
そう、運動不足というファクターも見逃せない。活動量計の記録は惨憺たる状態になっていて、本当の意味での自宅待機になるまでは、何らか身体を動かす事を考えておいた方が良いような気がし始めている。そういった意味では、起床時間は変えずにジョギングなどをするといった考え方もない訳ではない。
 
あとは本を読むとか、過ごし方が無為にならないような工夫は必要だろう。ここまで来れば長期戦は覚悟しなければならず、4月一杯となっているが、それで終わるという保証もないのだ。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »