« 休日の過ごし方 | トップページ | レジ袋有料化 »

2020年6月30日 (火)

柔軟性と対応力

昨日Zoomでのオンラインミーティングの最中に、突然Zoomがシャットダウンされるというトラブルがあったのだが、その後のリカバリーが出来なかった。複数のグループでディスカッション中だったのだが、他のグループでは別のツールにサッと切り替えて続けたという。
 
その対応力に歳の差を感じる。いや年齢といっては申し訳ないだろう。これはリテラシーの差だ。自分はそれなりに詳しいつもりだったのだが、その点で新しいスタイルに対する柔軟性に欠けていたのだ。
 
別のオンラインミーティングツールに切り替えて、メンバーを招待する。それだけの事がその時はできなかった。技術的にというより、発想としてそうならなかったのだ。一度経験すれば次は出来るだろう。しかし重要なのは初めて遭遇した事態における対応力である。
 
楽譜の初見力というのがそうだが、初見で対応できるようになるには初見をこなすしかない。実際にオケの練習でも、(初見で練習参加することの是非はさておき)初見での参加が増えてくると、初見での対応力が上がっていく実感があった。逆に経験した曲ばかりが続いていると、初見力はどんどん落ちていく。
 
新しい事態(環境、というほどではない)に遭遇する機会を増やしていく必要があるのかもしれない。特に今であれば「リモートで行われる何か」にだ。何となく慣れたつもりでいたのだが、慣れは惰性と紙一重である。柔軟性を維持していくためには、常に新しい事態に揉まれ続ける必要があるのだ。

|

« 休日の過ごし方 | トップページ | レジ袋有料化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日の過ごし方 | トップページ | レジ袋有料化 »