« 会話を減らす | トップページ | 変える事 »

2020年6月15日 (月)

練習再開

土曜日についに練習を再開した。(次がなければ再開したとはいえないが・・・。)
 
スズキのチェロ指導曲集の第1集をそのままさらい、録音もしてみて課題感は大きく2つだろうか。
 
まず、音色と響きに関しては、想像していたほど悪くなかった。曲が簡単なほど課題感が明らかになるかと想像していたのだが、そこまで下手ではなかったらしい。まぁスキーもそうだけれども、それなりにキャリアを積んでいるのだからこの段階で目も当てられない状態では問題だろう。
 
とはいえ、細部では気の緩みというか、音色に歪みが生じたりする。これはどちらかというと集中力の問題で、1分弱の短い曲でも、細部の細部まで注意力を維持するのは意外と難しい。
 
で、これらは課題ではなく、録音を聞き直してみると「音楽的でない」というのが気になった。一つひとつの音は悪くないのだが、つながりがない・・・ように感じられる。初回の練習で、過去やった事があるといっても初見に近く、音楽的な感覚は持たずに弾いてしまったという事があるかもしれない。
 
2つ目は楽譜の問題。スズキの楽譜には結構詳細に指番号が振ってあって、最初のうちはその助けは非常に大きいのだが、改めてその楽譜で弾いてみると「指番号しか見ていない」自分の弾き方に気づかされてしまった。
 
この問題は1つ目の問題にも関わっているような気がしていて、楽譜ではなく数字で捉えてしまう事で、流れのない極めてデジタルな弾き方になってしまっているような感じなのだ。
 
これは楽譜の指番号を消すか、指番号のない楽譜を作り直すかしなければ矯正できない。実際練習中に極力指番号を見ないように意識もしてみたのだが、どうしても数字に意識がいってしまうか、音符からも意識が飛んでしまうかのどちらかにしかならないのだ。
(いずれにせよぎこちない弾き方にしかならない。といって指番号を見てしまうと機械的になってしまう・・・。)
 
曲も短いので、楽譜に関してはGVIDOで取り込むという意味合いも含めて書き直しを考えた方が良いかもしれない。その過程で、音楽的な要素(ようは読譜)も意識していけると良いのだろう。

|

« 会話を減らす | トップページ | 変える事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会話を減らす | トップページ | 変える事 »