« 小さい財布 | トップページ | 連休の過ごし方 »

2020年7月22日 (水)

在宅勤務への投資

在宅勤務で生産性が低下するのは、ある意味当たり前である。
オフィスというものは、仕事をするための環境構築にそれなりの投資をしている。むしろ何もしていない自宅の方が生産性が上がるのであれば、それはオフィスとして問題だろう。在宅で生産性が上がったという会社は、オフィスの環境が最悪だったのだと反省した方が良い。
オフィスと自宅の「仕事における」生産性の差は、つまるところ環境整備の投資の差である。「在宅でも業務を可能にする」投資と、「在宅でも生産性を高める」投資は全く異なるだろう。オフィスを解約してコストが下がるという発想は、つまり在宅に対してはそこまでの投資はしないという事だ。投資が減ればリターンも減る。会社としての投資を減らしたけどリターンが減っていないとすれば、それは必要な投資を社員に転嫁しているだけに過ぎないと考えるべきだ。
生産性は掛け声であげるものではなく、投資で高めるものだ。在宅で生産性を高めるための投資とはどんなものだろうか。

 

 

|

« 小さい財布 | トップページ | 連休の過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さい財布 | トップページ | 連休の過ごし方 »