« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月30日 (木)

プロジェクトマネジメント

昨日は微妙に体調がよろしくなくて、なんとなく気だるいまま終わり、今朝もその感じが続いている。毎朝測っている体温にも(今朝も含めて)変化はないのだが、こんな体調感は久しぶりである。ワクチンの副反応ですらこんな感じはなかったし、改めて考えるとここ1年以上無かったかもしれない。ある意味コロナ禍の自分は極めて健康的だったとも言える。


体感はともかくとして、行動に支障が出るほどでもないし、出勤であれば多少はしんどさを感じたかもしれないが、在宅ではせいぜい集中力が(オフィス並みに)低下するぐらいである。まぁ気力は低下しているので、どうしても今やらなければならないこと以外は後回しになっていくだろうが、どうしても今やらないことさえ何とか回っていれば、とりあえず致命的ではない。もちろん後回しにせずやるに越したことはないけれども、そこはご容赦願おう。


こういう時は、むしろゆったりと今後の事などを考えたい。会社の組織が少し変わることになって、小さいとはいえ一部マネジメントを拝命もしたので、何をしていくべきかの整理とか、多少ダラダラと、もとい余裕を持って考える時間が欲しいのは確かである。本当はゆったりソファに身を委ねてとか考えたいが、残念ながら家にソファはないので、そこはまぁ仕方ない。


この時期は会社で個人目標の総括をするタイミングなのだが、いつも思うのは「年間の目標」が「年一の目標」になってしまいがちだということだ。要するに年にこの機会にしか目標のことを考えていない。実際には目標は日々の行動に紐付いているので、年一の振り返りでも評価は出来てしまうのだが、本来はそうではないだろう。実際やれていなかったなと振り返るような案件も出てきてしまってはいる。


個人的には年間目標のようなある程度長期的な目標は、考えなくても達成できるように日々のルーチンに落とし込んでしまうのが良いと考えていて、今年の場合は比較的それが上手くハマったのだが、ルーチンに落とし込めないものはある訳で、そうしたプロジェクト的な案件の遂行には課題がある。


単純にプロジェクトマネジメントが下手という事ではあるのだが、来年度はそのあたりが課題になるであろう。本当はそうしたプロジェクトをルーチンに落とし込んで処理できるようなツールがあると良いんだよな・・・。


| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

メールを減らす

メールへの対応には、大きく2つのセオリーが存在している。


・とにかく早くすぐに処理する

・時間を決めてまとめて処理する


前者はどちらかといえば相手の都合、後者は自分の都合をベースにしたもので、基本的には並び立たない。


メールであれチャットであれ、コミュニケーションにマルチタスクは存在しない。聖徳太子は10人の声を同時に聞けたかもしれないが、10人に同時に返事ができた訳がない。何であれ対応するには一定の時間が必要である。返せるものなら早く返したいが、たとえ1分で返せるメールでも10通あれば10分かかるし、作業の中断による生産性の低下を考えると、そのロスは大きい。


時間を決めてまとめて処理するというのも、ボリュームが増えてくれば結局そればかりになってしまう。


そうなると、まず考えるべきなのは、なるべく返信せずに済ませる方法だろう。なんとなれば、返信の必要なメールが来ないような形になるのが理想だ。それではコミュニケーションが成り立たない・・・ではなく、それでもコミュニケーションが成り立つ方法を考えるのだ。これはメールがチャットでも同じである。

(まぁチャットの場合は、例えば「いいね」などで済ませることで飛躍的に返信による時間ロスは減らせるかもしれない。)


当たり前だが、だから電話で「済ませる」とか、直接会話する、という話ではない。


ようはコミュニケーションのボリュームは減らしつつ、密度は高めるような事ができると良いのだが・・・そうなると結局不要なコミュニケーションをなるべく減らしていくという話になるのかもしれない。

とはいえ一方で、やり取りを減らすと親密度が低下して、逆にコミュニケーションコストがかかるようになるという課題もあるしなぁ・・・。

| | コメント (0)

2021年9月28日 (火)

ポジティブな変化

緊急事態宣言がようやく終わりそうである。


安堵して良い状況ではないし、そもそも終わってそれっきりとは言い切れない状況ではあるのだが、様々な制限が、全てではないにせよ解除されるのは間違いない。


もちろん総括にはまだまだ早いのだが、緊急事態宣言という制約は、どういった変化をもたらしただろうか。戻ってしまう一時の我慢ではなく、今後も続く変化として、ポジティブにもたらされたものはあるだろうか。


在宅での仕事環境がかなり整ったという事はある。在宅の、というか、単純に場所を選ばないのであれば、「オフィスよりも効率的な作業環境」が、自宅に「整ってしまった」とも言える。昨日はオフィスに出勤したのだが、正直作業効率的にはあがらず、ミーティングと会話にウエイトを置く形になった。仮に今後オフィス勤務が中心となるのであれば、作業の効率低下は否めないだろう。オフィスのワーク環境で、在宅並みのパフォーマンスを出せというのは正直酷な話だ。もっとも、10月からマネジメントを担うことになったので、仕事の中心は作業よりもコミュニケーションにシフトしていくとは思うのだが。


・・・あまりポジティブじゃないな。

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

演奏会終了(聴く方)

F響の定期演奏会(聴く方)が終了した。1年の休団を経て流れで退団となったが、本来はお休みの間に客席から聴くという事をして最終的に決めようと思っていたものだ。何気にコロナはそんなところにも影響を及ぼしていたりする。

(本当は今年乗る予定のオケについても同様の事は考えていたりした。)


いつもは運営の事ばかりだったが、今回は聴く方なので演奏の方について書いてみる。


改めて感じたのは、ホールが意外と響くという事だ。今回は府中の森芸術劇場で最も音が良いとされている2階席最前部だったという事や、客席が制限されていて吸音されないという事もあるのかもしれないが、思った以上に残響が残って、いい感じに響く。最後の曲で拍手をちょっと待てと思ったぐらいで、ステージ上での感覚とはかなり違う。

(実際最後の拍手は本当に待って欲しかった。音を「聴く」のではなく、弾き終わるのを「見て」拍手していないか、という気がしたぐらいだ。最後の響きを楽しみたかったのに・・・。)


逆に響きすぎるというか、音が立ちすぎていてちょっと痛いぐらいだった。特に管楽器と高弦の音が強すぎる印象で、頑張りすぎている印象になる。2階席で高音が飛びやすいのかもしれないが、それにしてもちょっと浮きすぎていて、そういった意味ではもっと余裕を持って控えても良いのかもしれない。


そういえば、トレーナーの先生に、「この練習会場は音が響かないので、無理に音を出しすぎている」という事を言われたのを思い出す。中にいて弾いている時は「そうかなぁ?」と感じていて、それはホールの本番や録音でもそれほど印象として違わなかったのだが、なるほど客席で生で聴いてみるとその通りなのかもしれない。なんというか、各パートが頑張ってそれぞれの音を出そうとした結果、惜しくもバランスが崩れてしまっているような感じだった。


逆に低弦については、ステージに居る時はもっと出さなくては的な感じだったのだが、きちんと響いていた。高弦に負けた感じになるのは、これは高弦側が突出している感じで、支えとしての低弦の響き方は決して悪くない。ようはバランスで、低音パートに高音パートが「乗っかる」のではなく、高音パートが低音パートを「引っ張る」ような構図になってしまっていて、結果として低音がついていけず両者の距離が開いてしまっているのだ。ステージとの相性的には(贔屓目ではなく)低弦の音量感が良かったような気がする。


もう一つ気になったのは、音の粒だろう。至近では印象が異なるかもしれないが、残響を踏まえた音の残し方が人によって違っていて、2階席ぐらいの距離だと、その差が如実に現れるように感じだ。そういう視点で振り返れば、自分は明らかに弾きすぎていただろう。楽器やホールの響きを信頼せず、自分だけで音を出そうとしていたような気がしなくもない。今一人で弾く時は(あまり弾いていないが)弦の残響を意識しているのだが、当時そんな余裕はなかったのは間違いない。


自分が弾いている時のオケの音を生で客観的に聴くのは当然不可能なのだが、弦楽器の場合は、こうして聴く機会を持つ事も必要なのかもしれない。それも降り番の曲でバタバタ聴くのではなく、演奏会全体を聴衆として聴く機会も必要なのではないかと思ったのだった。

| | コメント (0)

2021年9月24日 (金)

効率化と脳

昨日は久しぶりに自転車に乗った。真夏日だったのでむき出しだった腕は見事に日焼けしてしまったが、季節的にはこれから雪が降るまでがシーズンであろう。今年(来年?)こそは心ゆくまでスキーに行きたいものだ。


で、なんとなく休日感もあるが、今日は仕事である。休みを取っている人も少なくないだろうが、皮肉なことにそれで打ち合わせが減ると、作業に時間がとれる。こうした日は有効に活用したい。


もっとも、本当に必要なのは、「効率的に目の前のタスクをこなす日」ではなく、「やるべきことに時間をかけて取り組む日」である。ある意味効率化と対極にありそうな「それ」を行う時間はあまりにも少ない。


気を抜くと脳はサボる。この場合、脳がサボっている状態というのは「効率的に物事を捌いている状態」の事だ。迷いも悩みもなく目の前の案件を効率的にこなしている時、おそらく脳は最大限にサボっているだろう。そこに求められているのは、迷いなく案件をこなす事であって、何をすべきか悩む事ではないからだ。効率的であることほど、脳がサボれる現場はない。


一方で、仕事というものが成果で評価されるものであるなら、その成果というのは脳のサボりとは関係がない。むしろ余計に悩むようなことはせず、ぱっぱと答えを出していくことこそ求められていて、脳がサボれるようにすることこそ、成果を効率的に生み出す秘訣であるとも言える。


今日は少し悩みたいものだ。

| | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

ダラダラ過ごす

昨日はなんとなくダラダラと過ごしてしまった。


誤解のないように書いておくと、在宅だからということは全くなくて、出勤していても同じような状態に陥ることがある。ちなみにダラダラと何もしないというのではなく、ダラダラと何かをしてしまって、終わってみたら何をしていたかよく分からない状態を言う。いわゆるアクティブノーアクションというか、やることはあるのでやっているのだが、目的意識と結びついていなくて終了感や達成感がない状態のことだ。


休日は無目的に過ごすものだからそれでも良いのだが、仕事でそれは困る。いやまあやることは半自動的にやっていたりするので、困らないといえば困らないのかもしれないが、それは短期的刹那的な話であって、長期的にはそれでは困るのだ。特に1年かけて取り組むような事案はそうだろう。


一方でそういう困り方をしないように、日々のダラダラがそのまま長期的な目標に結びついていくようなルーティンを組んでしまうという方法もないわけではない。なんとなく日々のモチベーションが高まらないような気もするが、仕事は結果だからモチベーションとか達成「感」などどうでも良くて、達成だけが価値と考えればそれもありだろう。人生としてどうかはともかく。

(釣りバカ日誌ではないが、人生の達成感を仕事に置かない生き方もある。)


個人的には達成感のようなものにはあまり重きをおいていないので、おそらくはルーティンで淡々と積み重ねていくようなやり方のほうが自分にはあっていると思うのだが、まぁそう考えるとダラダラ過ごしたというのは、それはそれでありなのかもしれない。

| | コメント (0)

2021年9月21日 (火)

モーニングルーティン

少し前に、PodcastのプラットフォームをApple PodcastからSpotifyに変更した。Apple PodcastだとiPad miniを使うしかないのだが、Spotifyであればデバイスを横断して視聴履歴を共有できると思ったからだ・・・が、まだ微妙にコントロールできていない。


さておき、その機会に聴くPodcastをいくつか増やしたのだが、今朝は「ライフハッカー日本版 Tiny Hack Express」で、「#631 1日の生産性を向上させる朝のルーティンのつくり方」というのを聴いたので、少し自分のモーニングルーティンというのを振り返ってみる。


今の目覚ましの設定は4:55で、目が覚めたら、起き上がってまず目薬をさすのが最初の行動になっている。


・目薬をさす

・体温を測る(記録する)

・GarminConnectでボディバッテリーと睡眠の状態を確認する

・シャワーを浴びる

・歯を磨く

・水をコップ一杯飲む

・テレビをつける

・体操をする

・ドライヤーで髪を乾かす

・髭を剃る


ぐらいまでがだいたい一連のルーティンだろうか。体調次第で体操は省いたりするが、大体平日の行動しては変わらない。


その後出勤日であれば着替えをするが、在宅の場合はなんとなくまったりした時間になったりする。出勤を前提としたルーティンを組んでいるので、在宅の場合は時間に余裕ができてしまうのだ。


逆に在宅であれば、シャワーを浴びる前にジョギングの一つもすれば良いのだが、日によってリズムが崩れるのはできれば避けたい。といって、シャワーを浴びた後にまた汗をかくのもさけたい。

(ちなみに体操というのは亜脱臼した時のリハビリがベースになっていて、関節の可動域を維持するのが目的で汗をかくような動かし方はしていない。)


さて、Podcastの内容は、生産性を向上させるために朝のルーティンを見直してみようというものだったので、そういう視点で見直してみると、実はちょっと気になる時間があった。


それは検温の時間だ。少し時間がかかることもあり、実は意識せずにスマホでニュースのチェックなどをしている。いやニュースチェックというと聞こえは良いが、ネットサーフィンみたいなもので、正直あまり生産性が高いとは言えない。一方で何分検温中なので、スマホを見るぐらいしかやることがない(だからなんとなくスマホを見てしまうのだ)。


例えばこの時間に5分で聴ける「NewsPicks ニュースレター」などを聴いてみると良いかもしれない。配信時間の関係で前日分にはなってしまうけれども。


ひとまず明日試してみるか・・・。

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

レビューとKPI

人事考課の時期になって個人目標のレビューをしていて、今更ながらに思うのは、自身の行動に対するKPIを設けていない点である。目標の設定は(方向としては)悪くないし、振り返ってみればどれなりの取り組みも成果も出せていると思うのだが、1年間日々積み上げてきた実感が薄い。それは進捗を定量的に把握するためのKPIを設定できていないからだ。


何でもかんでもKPIというつもりはないが、ようはやるべき行動を定量的に細分化できていないという事だ。会社の目標にはKPIを求めるのに、自分の行動には設定できていない矛盾。定性評価の領域が多い仕事ではあるのだが、このあたりが来期の目標を考えていく上での課題だろう。


そのように考えるようになったのは、この一年何気にそういったKPIを考える機会が(自分ではなく他人のだが)多かったからだ。KPIというのは、売上や利益のような実績ではなく、行動の方針と指標である。指標というのは、達成に向けたステップであり、目標に対して日々どこまで進んでいるかを把握するためのものだ。


1年を一気に振り返ってここまで出来た、というのは、ただの結果でしかない。なんとなく実感が薄くなるのは、そうしたステップを積み上げてきたプロセスが(記録として)抜けているからだ。5年10年という長いスパンで見れば、1年もその中のステップの一段ではあるのだが、個人の目標の区切りは1年なので、その中を区切らなければ意味がない。


なんて事を考えながらレビューをまとめていたりした。これも本来1年なんてスパンで行うものではなく、小刻みにやっていく必要があるんだよなぁ・・・。

| | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

iPad mini 6

iPad mini 6 が発表された。


iPad miniはなんだかんだで長く使っていて、4代目も5代目も使用している。6代目は大幅にパワーアップして、デザインはiPad ProやiPad Airに近くなり、ベゼルも狭くなってサイズは同じでも大画面化・・・という事なのだが、ファーストインプレッションで言えば特に食指は働かなかった。


もちろん実機を見ればまた気持ちが変わる可能性もあるのだが、今の時点でそう感じる理由をまとめておく。


まず、そもそも大きな画面が必要であれば、これまで散々迷っていたように、iPad PROやiPad Airにすれば良いというのがある。もちろん、iPad miniの本体サイズで可能な限りディスプレイを大型化した点は評価できるが、今時点で自分が求めているのは、もっと決定的な大画面化なので、iPad miniの大画面化は買い替えの理由にならない。


ベゼルが狭くなるというのも、本体サイズを変えないための工夫な訳だが、個人的には現行のiPad mini 5のベゼルサイズは気になっていない。端をつまむような持ち方をすることも多いので、むしろ余白はある程度あった方が良いぐらいなのだ。

(この指を引っ掛けるような持ち方は、iPad miniのサイズ感ならではの持ち方ではあるので、iPad ProやiPad Airであれば、ベゼルが狭い方がスッキリしているのは分かる。デザインというより、自分の持ち方の問題である。)


デザインで言えば、背面のレンズが飛び出したのも気になる。スマホであれタブレットであれ、基本的にはフラットな「板」が好きなのだ。XPERIA 5を主機として使いつつ、XPERIA XZ Premiumも手放していないのは、その「板感」が好きだからだ。iPad mini 5よりも角がたって、スクエアな板感をデザインとしては出しつつ、レンズが飛び出しているのはどうにもいただけない。ケースを使うならともかく、iPad miniは極力裸族(かろうじてディスプレイ側のカバーは許容するが背面までカバーで覆いたくない)で使いたいことを考えると、背面がフラットでないのはどうにも気になる。


そして決定的なのは、ストレージが現行と同じ256GBまでであった事だろう。これが512GBであれば、他の点には目をつむっても買い替えたかもしれない。そもそも4から5にした理由の一番がストレージという事もある。


クラウド全盛の時代にストレージにどこまでこだわるのかという話はあるが、現行iPad miniに入っているのは音楽までで、ビデオは(殆ど見ないが)諦めている。Kindleもバカにならないサイズになってきていて、読むものだけをダウンロードしているのだが、全部格納できればかなり使い方が変わってくるような気がしている。現行のiPad miniに対して、パフォーマンスにおいて不満がないというのは、ストレージが現行のままであれば買い替え不要と考えるには十分な理由なのだ。


という訳で長々とiPad mini 6 今は買わないかなという理由を書き連ねてみた。もちろんこれは個人的な理由だし、5を持たずに4を使い続けていたらおそらく買い替えていただろう。


ただ、今の自分にとっては、iPad mini 6のサイズ感よりも、iPad Air のサイズ感の方が重要で、ストレージ的にはiPad Proでないとちょっとつらいというのが現実なのだ。


ストレージなぁ・・・iPad Airに512GBモデルがあればカラバリ的にも即決なんだがなぁ・・・。

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

不要な会議を減らす

昨日はワクチン接種の2回目だったのだが、ほぼほぼ副反応はなし。腕に多少痛みはあるが、熱が出ることもなく、ある意味拍子抜けである。


とはいえ、そもそもそんなものだろう。副反応が出やすいといっても、結局出ない方が多いのだ。出ている人には申し訳ないが、自分は出ないその他大勢の一人だったという事だろう。


そんな訳で今日は渋谷に出勤。打ち合わせが多いので、正直在宅の方が楽という事もあるのだが、そこだけで決めるわけにもいかない。いや決めたいところだけれども、それを言い出したらほとんど在宅になってしまう(結構在宅ではあるけれども)。


Dropboxが、「バーチャル ファースト ツールキット」というコンテンツを発信していて、もちろんそれ自体はDropboxのマーケティングの一環だと思うのだが、その中に「不要な会議を減らす」というツールがあった。


1.会議を評価する

2.会議が必要な場合と不要な場合を考える

3.会議に優先順位を付ける

4.不要な会議を一掃する

5.自分で効果を確認する


という5つのステップで会議を減らすエクササイズをしようというツールキットなのだが、「なんとなく減らしたい」ではなく、こうした手順にそって一度真剣に考えてみる事が必要なのだろう。


実際に一掃までには至らなくても、自分の中で3までステップを押さえておくというのは重要だ。この場合の「一掃」というのは、その会議自体をなくすというよりは、「参加しない」というものだから、その判断基準を持っておくのと持っておかないのとでは大きな差がある。


ちなみにその場合の重要な基準となる2のステップだが、Dropboxがこのツールで提起しているのは「3つのD」という考え方だ。


DECISION

DEBATE

DISCUSSION


というものだが、DECISION(重要な決定)はともかく、DEBATEとDISCUSSIONは、その定義が重要だろう。なんとなれば「会話する」と同じ程度の位置づけになってしまうからだ。


もっとも、それをオフラインでリアルタイムに行うか、オンラインで非同期に行うかは内容次第である。


そのあたりは「会議の基本」というシートで、より具体的に提起されている。どちらかといえば「3つのD」というビッグワードよりも、そちらの方が重要かもしれない。


https://experience.dropbox.com/ja-jp/virtual-first-toolkit


| | コメント (0)

2021年9月14日 (火)

モバイルバッテリー

普段休みを取っている時は書かないのだが、今日はなんとなくXPERIAとキーボードを広げている。いつもと違ってiPad miniも並んでいるのだが、ココログへの投稿を考えると何気にXPERIAで書いた方が投稿がしやすい。


先週、abrAsusの小さい財布を持ち出してきたのだが、週末を過ごすとあっさりPlogに戻ってしまった。会社に行く時はともかく、プライベートでは(在宅も含めて)上着など着ないので、今の時期はまだ財布を収納するポケットがなかったのだ。


XPERIA 5も裸族に戻り、一旦元に戻った形なのだが、XPERIA XZ Premiumをどうするかはまだ迷っている。何ってドラクエウォークだけの話なのだが、ゲームの話というよりは、結果として生じるXPERIA 5のバッテリー消費が課題だったりする。XPERIA XZ Premiumを持ち歩かなくなったとしても、代わりにバッテリーを持ち歩くというのはなんとも取り回しが悪い感じがする。


一方で、XPERIA 5にSpotifyを導入してPodcastを聴くようになったので、バッテリーがそこそこ減る。そういった意味では、ドラクエウォークはなくてもバッテリーは必要になってくる可能性がある。何分在宅ではバッテリーを気にする事がなく、そもそもコロナで外出が少ないので、普段あまり困らないのだが、今後は手ぶらでもバッテリーを持ち歩くということが必要になってくるかもしれない。


午後のワクチン接種までにちょっと探してみるかなぁ・・・。

| | コメント (0)

2021年9月13日 (月)

中断時間の使い方

先週の金曜日は少し待ちの仕事が発生したため、夕食で一旦中断した後、また仕事に戻るという事をした。私用の外出という扱いになり、労働時間としてはカウントされないものだ。


やってみて思うのは、こうした「中断」をもっと上手く活かすことはできないかという事だ。夕食もそうだが、日中であっても昼食などを昼休み以上に確保できれば、時間の使い方は一層フレキシブルになる。


もともとフレックスというのはそういう要素を含んでいるものだが、制度というよりは文化がないとこうした運用は難しい。一人ひとりが別々に自律的に時間をコントロールするという互いの信頼感がなければ、余計な軋轢が生まれるかねないからだ。


(逆に言うと、そうした軋轢を懸念に挙げる組織というのは、互いを信頼していないとも言えるのだが、大体そういった組織はそんな事は認めず、むしろそうした運用が互いの信頼を損なうと主張したりする。因果的には逆だと思うけれども。)


さて、今週は2回目のワクチン接種が控えている。1回目の副反応のなさを考えると、2回目もそれほど警戒する必要はないと思うのだが、とれたので休みも取ってしまった。なので(今日ではないが)ゆっくり過ごしたいと思っている。

| | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

秋の装い

Plogのスマホケース(ポーチ)をやめ、abrAsusの小さい財布に切り替えてみた。


カードは3枚から4枚へ。小さい財布はある程度カードを入れておいた方が安定する。といっても5枚ではギチギチなので4枚という所だ。これで持ち歩くカードは、


・クレジットカード

・キャッシュカード

・免許証

・保険証


となった。正直保険証は文字通り保険ぐらいの意味合いしかないのだが、他に特に必要なカードがない。とはいえ実際にはポイントカードを兼ねるクレジットカードと入れ替えながら使う事になるだろう。


そしてPlogを使わなくなると、XPERIA 5がむき出しになってしまうので、ここしばらくデザインシールを貼っただけの裸族で使っていたが、フリップケースを復活させる。裸族から比較すると、やはり大きく、重いと感じるが、これは慣れの問題。


慣れの問題ではあるが、ベルトに下げるという事をしなくなると今度は手持ちの機会が増えるので、普段手持ちなドラクエウォーク用?のXPERIA XZ Premiumがちょっと邪魔になってくる。バッテリーの問題はあるが、XPERIA 5に(ドラクエを)戻しても良いかもしれない。そもそもドラクエのプレイ時間を減らすべきではないかという問題もある。


そんな訳で、身の回りを秋の装いに変更中。何が秋かといえば、別に季節は関係ないのだが、少し気分を変えるという程度の話である。

| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

1週間という区切り

涼しくなってきたので自転車を再開するか・・・と思ったのだが、週末は雨の予報だった。雨が多いから涼しいわけだが、雨が多いと行動は制約される。


などと週末っぽい事を考えながらも、今日はまだ木曜日なので、まだ仕事が2日間ある。いや実際にはその後休日だからって2日で終わるわけではないので、そこまで仕事の区切り感を持つ必要はないのだが、なんとなく気持ち的には途切れてしまいやすい。


そのあたりはどうなのだろうか。土日にオケの予定が満載だった頃には考えたこともなかったが、5日間で区切れてしまうよりも、1日の稼働を減らす代わりに週単位で区切れないようにした方が良いという事はないだろうか。もちろん「自分で区切る」休みは必要だが、強制的に区切られてしまうと、例えば「あと少しで終わらせられそうだけどこれは来週」みたいな感じになり、結果「では今日やってしまうか」と残業するみたいな事はないだろうか。


・・・ないな。


とはいえ、例えば農業のように自然に向き合う仕事というのは、当たり前だがそうした区切り感はないはずである。つまるところそれは「相手や環境の都合優先」という事で、仕事が週単位で区切られるのも、社会がそのようになっている以上やむなしとも言える。


なんでも自分の都合で区切るわけにはいかないのだ。

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

秋冬の身の回り

今日は渋谷に出社なのだが、少し涼しくなってきた事もあって上着を着ている。それがどういう事かといえばポケットが増えるという事で、SECRIDの財布を復活させようかという気分になってきた。


基本的にズボンのポケットにはハンカチ以外は入れたくないという事もあり、上着がない状況では、Plogというブランドのスマホポーチ(ベルトに下げる事ができる)にカードポケットがあるのを幸いにこれをスマホケース兼財布として最低限のカードと紙幣を持ち歩いていた。ただ、この「ベルトに下げる」スタイルは、上着があると逆に邪魔になりやすい。そもそもスマホは上着のポケットで良いからだ。


そういった意味ではPlogのケースは夏向けという事になるのだが、一方で最低限でも財布は必要である。モノとしてユニット数は増えるが、PlogをやめるかわりにSECRIDを復活させるのはありだろう。もともとSECRIDはそのデザインとスタイルが気に入っていて、機能では選んでいないという事もある。手ぶらの際の収納がないから諦めていたが、ポケットが増えればそれも可能になる。


もっとも、SECRIDを持たなくなって分かったこともある。金属製のカードケースであるSECRIDは「重い」のだ。そういった意味では、abrAsusの小さい財布の方が軽さも機能も上なので、ちょっと復活を考えたくなる。


実際のところ今日は上着だが、ここしばらく例年よりも気温の低い日が続いていたので、まだ天候によっては上着が厳しい日もあるだろう。そういった意味ではもうちょっと考える時間はあるので、秋冬に向けた身の回り品の見直しを検討しても良いかもしれない。

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

買うという飛躍

先週Yoga Tablet 13とiPadの事を書いたのだが、昨日改めてYoga Tablet 13の現物を見て、やっぱりこれでも良いかもなあと思ったりした。


そもそもiPadならPROかAirと考えているが、実のところそこまでのスペックの使い道がない。画面サイズ以外は今のiPad miniがあれば十分だし、現実にはそのiPad miniのスペックも使いこなせている訳ではない。アプリをガンガン入れるタイプでもなく、どちらかといえば削る方なので、画面がある程度大きければ、Chromeだけで十分ではないかとも考えたりする。


もっとも、Chromeで良いなら、Surfaceで済んでしまうという事でもある。よしこれで解決・・・となってしまっては面白くないというか、ようは身の回りのデバイスがあまり様変わりしないのがツマラナイのだろう。XPERIA 5も、XPERIA 5で十分だよなと最近感じつつあるし、何度か書いているがこの「枯れている感」「悟った感」が気になってしまうのだ。脳への刺激が足りない。もちろん物欲だけが刺激ではないけれども、旅行やイベントが制限される中では、身の回りのモノぐらいしか新しい経験に触れる機会がつくりにくいように感じている。

(現実には買い物の機会すら減っている。)


そんな訳でくだらない物欲を自ら鼓舞しながら、一方で妙な悟りで不要と結論づけてしまう事を繰り返していたりする。


「買っちゃえ」というある種の飛躍を、どこかで踏みとどまってしまう無駄な(一方で堅実な)ブレーキが強くなりすぎている気がするんだよねぇ・・・。

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

整える

休日をなんとなく無目的に過ごしながら(実際は何もしていないわけではなく、日常周りのことや仕事絡みの勉強などもしている)、なんとなく「整えたい」と思うことがある。別にサウナの話ではない。


何かを「する」のではなく「整えたい」と思うのは、日々はそれなりに回っているのだが、どこかふわふわしているような感覚があるからだろう。何というか、生活に芯がないような感じで、雑然と日々が動いているように思える。


だから整えたいと感じるのだ。


だが一方で頭では理解しているのは、理路整然とした状態が理想の生活というわけではないという事だ。ある意味整っていない状態こそあるべき普段の日常で、整ってしまったら何の味気もない生活が待っているような気もする。


でも整えたい。


理由ははっきりしないが、整えたいのだ(何をだよ)。

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

大画面タブレット

少し前にYoga Tablet 13の事を書いて、まぁ流石に購入動機としてこれ(会社利用)はないという結論に一旦決着したのだが、今のiPad miniよりも画面の大きなタブレットが欲しいという気持ちはまだ残っている。いや、ようはiPadの話になるということなのだけれど(汗)


最近気付いたというか、やっていてなるほどと思ったのは、SIMを差し替えるのであれば、今の機種の契約は残したままSIMフリーのモデルを購入しても良いんだよなという事である。SIMフリーモデルを使うなら、高いキャリアでなくてもMVNOでよいではないかという話もあるが、例えばしばらく行けていないけれども父親の家ではdocomoしか入らないという最後の最後のカバー率などもあって、そこは残しておきたくもある。単に面倒くさいということもあるが。


ようはiPad miniを機種変更するのではなく、契約はそのまま残しておき、でもセルラーモデルのキャリア契約のないiPad(PRO)を購入して、SIMを必要に応じて差し替えるという考え方だ。もっとも、iOS同士はテザリングが簡単なので、iPad miniを経由して繋いでも良いのだが、それでは常に2台持ちになってしまう。


今でもiPad miniの契約SIMは、ほとんどXPERIA XZ Premiumで使っている。タブレットはWi-Fiで十分という考え方もあるが、取り回しを考えるとセルラーモデルにしておきたくもある。


なんだか購入前提で話を進めているが、新型のiPad miniが出た際に、乗り換えをするか、今のiPad miniはそのままで大画面を買い足すかというのを「妄想」しているだけなので、今のところは不確定。実際のところはほとんど必要性はなかったりするし、それこそSurfaceを置き換えるぐらいのつもりでないと意味はなかったりする。

| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

WF-1000XM3のバッテリー

WF-1000XM3の右側のバッテリーの減りが明らかに早くなった。リセットと初期化を試してみたが、左との比較で明らかに右側だけ早く減っている。幸いにして1時間程度は持つ(体感的にはその程度で警告が出る)ので、大きな支障はないが、なんとなく気にはなる。


WF-1000XM4が気になるからという物欲要素もあるが、正直今のところは買い換えるほどの不便はない。基本は通勤時の使用で、その通勤の機会が毎日ではないからだろう。コロナが落ち着いて帰りに寄り道をするようになるとか、利用の仕方が変わってくるともっと気になるかもしれないが、デザイン的にはXM3の方が好みではあるし、ケースがやや大きいのは不便だが、それを理由に買い換えるほどではない。


とはいえ、こうしたバッテリー型のガジェットというのは、究極的には消耗品であろう。世代が変わるというだけではなく、そもそもバッテリーがヘタってしまえば使い続ける事はできないからだ。1時間は許容範囲だが、30分になったら交響曲を聴ききる事もできなくなってしまう(今も長尺の曲はやや不安)。まぁクラシック用にはWH-1000XM3も控えている訳で、用途とのバランスではあるが。


ちなみに通勤時に使用するのは、音楽やPodcastを聴くというのももちろんあるが、それ以上に「電車の音がうるさい」ためというのがあるような気が最近している。先日の出勤はたまたま持ってきていなかったのだが、まぁうるさかった。会話ではなく、電車の走行音の話である。あれが何とかなるだけでも、着ける価値はあるというものだ。

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

ドラクエウォーク

もうすぐ2周年となるドラクエウォークだが、毎日淡々と起動しつつ、なんだか無駄にリソースを使っている気がしてきた。


それほど時間を費やしている訳ではない。というか、もっぱら移動時にオートで持ち歩くだけだ。メインシナリオはさっぱり進んでいないし、イベントシナリオこそクリアしているが、位置情報ゲームであるにもかかわらず、そのために歩くなんて事はほぼほぼない。1日1回、至近に目的地を設定できるので、それを使っているだけだ。


という訳でおよそ「ハマっている」といった事もないプレイ状況なのだが、なんとなく無用なリソースを使っているような気がするのだ。無駄というと他のプレイヤーに悪いのだが、別にドラクエウォークが無駄だという話ではなく、自分はこれをやりたくてやっているのかという話である。


少なくとも、(今はXZ Premiumという)デバイスをそれ用に準備し、通信費をかけている事は間違いない。そうしたリソースを費やす価値や楽しさを自分は感じているのか。惰性になっていないか、という事だ。いや、結局は娯楽なのだから、そこまで真剣に考えるようなものではなく、惰性上等という捉え方もあるのだが、ボスモンスターの攻略に頭を使うでもなく、目的地を目指して歩くでもなく、そもそも画面をほとんど見ることのないこれは、自分にとって何なのだろうか。


なんて事をちょっと考えたりした。だからやめようという事までは特に考えていないのだが、何というか、もう少し違った接し方があるのではないだろうか、という話である。

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »