« 通勤鞄とPC | トップページ | 鞄の中身 »

2022年6月 3日 (金)

マネジメントの役割

「成果をきちんと出した上で、残業時間も減らす」というのと、「残業時間を減らした上で、きちんと成果も出す」というのは、同じように見えて、前提条件と優先順位が微妙に異なっている言い回しである。

そういった意味では、「残業時間を減らす」というのも、結構微妙な言い回しだったりする。減らすというのは、それが当たり前にあることが前提になっているように思えるからだ。本来残業はあるべきでないとすれば、実はこの言い回しも変えるべきかもしれない。

決裁権を持つマネジメントが「減らせない」「なくせない」業務を、やるやらないの決裁権を持たないプレイヤーがどうこうするのは不可能だろう。これはミドルマネジメントにおいても同様で、最後はトップマネジメントの責任になってくる。もっとも、これはあるべき姿ではあるが、トップマネジメントがすべての業務の差配をするわけではないので、ミドルマネジメントが責任を放棄できるわけではない。

特に(言い方は悪いが)日本企業の権限構造は、上位の権限と責任よりも、下位の忖度と配慮に基づいていたりするので、むしろミドルマネジメントこそよくよく考える必要があるとも言える。

・やることやらないことを決める

・やることを割り振る

・やり方は任せる

というのが大事なんだよなぁ・・・。

|

« 通勤鞄とPC | トップページ | 鞄の中身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通勤鞄とPC | トップページ | 鞄の中身 »