2017年11月17日 (金)

ルーチン化する意味

日々のルーチン作業というのは、一旦ルーチンの形にすると処理としては楽なのだが、何かの機みにそのリズムが崩れた時には、そのリカバリーに結構なリソースを必要とする。単純にメールの処理だけを取っても、定型的に処理しているものがあれば、それを何かの事情で一度見送っただけで、後からしわ寄せとなって襲いかかってくる。

そして、一つひとつは小さいようでも、それが積み重なればいつの間にか処理不能な形に膨れ上がってしまう。

こういった事態はどのように解決すれば良いだろうか。直面したそれを解決するという話ではなく、そういった事態を起こさせないという意味の解決である。

簡単に思いつくのはバッファを持たせる事だが、ルーチンが崩れた時のためにバッファを持つというのは考え方としては変である。トータルでバッファを持っておいてそれを当てるという事はまぁ出来ないことではないが、それは積み上がったルーチンを見た時のうんざり感を緩和できるものではない。

この場合なんとかしたいのは、たまったルーチンをなんとかするではなく、ルーチンをためないようにする事なのだ。それも矛盾するようだが、止むを得ずルーチンへの対応を先送りした際に、それが積み上がらないようにするというものだ。うん、矛盾する「よう」ではなく、はっきり矛盾している。

あるいは軽微なルーチンであるなら、すっぱり切り捨てるというのが、一つの考え方なのかもしれない。ルーチンはその日その時にこなせる事に価値があるのであって、遅れてなんとかする事には価値がない、と考えれば割り切れなくはない。

もっともそうやって切り捨てられるのはそもそもがクリティカルではない案件という事になるので、それ以前にルーチン化して処理する必要があるのか・・・という事も言えてしまう訳で、そういった意味では先送りされるような案件はそもそも対応が必要なのかという視点が必要なのかもしれない。

「やれると良い作業」程度のことをルーチン化して効率化しても、そもそも意味がないかもしれないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

レポートとアウトプットのトレードオフ

昨日は終日セミナーに出席して、盛大にインプットをしたのだが、そういえば最近アウトプットをしていないな〜と思ったりした。この「アウトプット」というのは、レポートの事ではない。

インプットを他人に伝えるためのレポートと、自分の考えを整理するためのアウトプットは微妙に違っていて、最近はあまりアウトプットをしていないので自分の考えが考えとしてまとまっていない気がする。

つまり自分の中でアウトプットというのは、自分なりの付加価値を加えた何かという位置付けで、これを積み重ねる事が自分としての考えをまとめることにつながっている。セミナーにせよ、読書にせよ、他人に伝える事を第一目的としたレポートは、大元の内容こそが重要なので、そこに自分の知的付加価値は上乗せされない。

この辺りは捉え方の違いもあるかもしれないが、特に自分の場合は天の邪鬼のように逆張りの思考をする事が多いため、それをレポートにしてしまうと元の内容がねじ曲がってしまう可能性がある。そこである意味「素直に」伝える事を優先してレポートする訳だが、結果として自分なりの思考を加えるステップが抜け落ちるため、自分自身の血肉とする力が弱くなってしまう。

これはあまり良くない傾向なのかもしれない。いやもちろん両方ともすれば良いのだが、正直アウトプットを考え出すとレポートがまとまらなくなるし、レポートをまとめるとそこで落ち着いてしまってアウトプットまで持っていけない事が多い。

というか、レポートを意識して「素直に」受け入れる事を無意識に優先してしまっているのかもしれない。それでは脳細胞は活性化しない。

言ってしまえば、アウトプットというのは「自分なりの反論」を考えるステップだ。これを軸に脳を働かせると、インプットの内容は時に歪むため、レポートするのが難しくなる。一方素直に受け止めれば、反論を考えなくなる。そうしたトレードオフがあるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

WH-1000XM2

今日は有給を取っているのだが、朝からセミナーという事でいつも通りに家を出て、いつものようにカフェで朝食をしているため、(本来休みの日には書かないこのブログだが)普段同様に書く事にする。セミナーの開始は9時20分。現在地は会場の至近である。

先週半ば衝動買いをしたWF-1000Xだが、周囲の環境により右側が切れるというトラブルは(結講)あるにせよ、概ね満足できる利用状況である・・・が、使っているとどうしても上位機種のヘッドフォンWH-1000XM2が気になってくる。

冬に向かって寒くなりつつあるため、耳許が暖かいヘッドフォンが恋しくなるということもあるだろう。正直なところオーバーイヤータイプのヘッドフォンは少々装着感が苦手なので(オンイヤーが好きである)、実際に買うのはかなり躊躇するし、同じワイヤレスでノイズキャンセリングであれば、AKG-N60NCBTを選ぶような気がするのだが、気になってしまうのは物欲として仕方がない。

とはいえ、見合うだけの視聴環境が整えられるかといえば微妙だ。音質にこだわる程音源にはこだわっていないし、その違いが分かる程耳が良いとも思っていない。良し悪しというよりこだわりがないというべきだろうか。リアルな音が聴きたければリアルに浸るのが最上だと分かっているし、正直自分がオケの中で弾いている時ほどの音楽体験は、少なくとも音質面では得られない訳で、残る音楽的な面(特にリズム)は、それほど音質を必要としない。

そもそもクラシックの名盤なんてモノラル録音だったりするのだ。それに感動するというのは、鼓膜を震わせる振動の問題ではなく、それを受け取る想像力の問題である。

・・・で、話はずれたが、そういった意味では別に音質を求めてWH-1000XM2が欲しい訳ではなく、ようは何と無く欲しいだけである。人は理由があって意思決定をするのではなく、意思決定をしてからその理由を考えるものだそうなので、そうであれば自然な物欲ではあるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

ゴールで本を読む

Googleカレンダーのゴールに設定した読書の一冊目が読了した。単なる時間枠確保ではなく、何を読むか明確にするため、一冊ごとにゴールを設定する事にしたのだが、まぁまぁのペースで読み終えたと言えるだろう。読んでいた本自体が面白かったという事も否定できないが、ゴール設定による時間設定は、それなりの推進力を持つ事になる。

現在は二冊目を登録してあるのだが、これは早急に読まなければいけない事情がある事もあって、昨日の内に大分読み進めてしまった。ゴールの設定はあるが、今日明日には一旦読み終わるだろう。

個人的にはビジネス書は内容によってリマインドが必要かと考えているので(もちろん通読の必要はない)、次はその辺りをどうカレンダーを使って習慣化していくかでだろう。とりあえずペースを変更して、新たなゴールを設定してみる事にした。この辺りのペース配分や、実際に機能するかはとりあえずやってみなければ分からない。

現状のもう一つの課題は、会社でもGoogleカレンダーを使用している中で、仕事関係のゴールを会社のカレンダーに登録するか、個人のカレンダーに登録するかである。これに関しては、空き時間の捉え方を考えると、併用は難しく、個人のカレンダーに登録するしかないと考えてはいるのだが、完了を個人スマホ側でしかできないというのがやや不便だったりする。

さて、読書、練習、もう一つ会社関係でルーチンタスクをゴールに登録してみた訳だが、他に登録できそうなタスクは何だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

SONY WF-1000X

衝動買いと言われれば否定はできないが、SONYのWF-1000Xを買ってしまった。

カナル型のフルワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンというのは、自分の中の位置付けとしてはやや微妙で、ワイヤレスという事なら既にヘッドフォンを所持しているので、今回のポイントはノイズキャンセリングという事になるだろうか。ヘッドフォンにしたいところだが、それだと大きく被ってしまって使わなくなってしまう。

そんな訳で現状の所持ラインナップは以下の通り。

・有線のヘッドフォン audio-technica ATH-ESW11LTD
・有線のノイズキャンセリングヘッドフォン SONY MDR-1RNC
・無線のヘッドフォン AKG Y45BT
・無線のノイズキャンセリングイヤホン SONY WF-1000X

その他Appleのイヤホンは(何しろiPhoneやiPadを買うたびについてくるので)多数あったりするのだが、上記の状況にあわせて使い分けるという感じだろうか。とはいえ、MDR-1RNCはゴツいのでなかなか持ち出す事がなく、そういった意味では今回のWF-1000Xは、MDR-1RNCとY45BTの中間というか、持ち出しやすく、かつノイズキャンセリング対応というポジションになる。(個人的にATH-ESW11LTDはまったく別のポジションにある。)

さて、久しぶりのノイズキャンセリングイヤホンという事で(ATH-BT04NC以来で、これはノイズキャンセリングが使えなくなったのでいつの間にか使わなくなってしまった)、電車内を快適に過ごしたのだが、この時期は(寒いので)実はヘッドフォンタイプも結構恋しかったりするのだった。カルテットのピアニッシモまで聴けるノイズキャンセリング機能はきちんと聴こうと思うなら貴重だが、そこまでこだわらなければ耳許が暖かいヘッドフォンも捨てがたいんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

カレンダーの使い分けの見直し

昨日ちらっと書いたように、現状自分のGoogleカレンダーは4つ(+α)を使い分けている状態にある。

・メインのカレンダー
・オケのカレンダー
・タスクのカレンダー
・その他のカレンダー
(・会社のカレンダー・・・外部からは参照不可)

使い分けをしているのは、それぞれ色分けをする事で直感的に予定のバランスを掴みやすいのと、例えばオケの予定だけを見たいという時があるからだ。

なのだが、ゴールの設定において他のカレンダーが自分の予定として認識されないとすると、それはちょっと不都合である。特にプライベートの大半を占めるオケの予定(ちなみにオケ関係の飲み会なども含む)が認識されないと、プライベートに設定するゴールの時間(変な言い方だ)がかぶってしまう。

では同一カレンダーにして色分けをするか・・・。

タスクに関してはそれでも問題ないだろう。実際の所タスクと予定を分けるのはあまり意味がない。主に仕事関係のタスクになるが、会社のカレンダー上は同じカレンダーで管理しているからだ。その他というのは自分が直接関係しないが把握しておいた方が良い予定なので別のままで問題なし。やはりオケ関係の予定をどうするかというのが悩みどころになる。

元々カレンダーの使い分けを始めたのは、Googleカレンダー上での予定の色分けがアプリの関係で反映されなかったりしていたからだが、公式アプリを使うようになってそういった問題もなくなっている。そういう意味では、一本化しても色分けを丁寧にしておけば問題はなさそうである。あえていえばオケの予定だけを参照したい場合というのがあるのだが、そうしたい時というのは滅多にないといえばない。

それと書きながら思った事だが、オケの「実際の練習枠」と「自分の参加予定」が食い違う場合に、従来のオケ用カレンダーを練習枠、自分の参加予定は自分のカレンダーに登録するようにすれば、両者の違いが嫌でも目に入って、今年のような無茶なスケジュールはやめようという気になるかもしれない。

そうなると当面はオケの練習予定を従来のオケ用カレンダーで、自分の参加予定をメインのカレンダーで管理していくというスタイルになるだろうか。二重登録になるのだが、例えば仕事関係は最初から会社のカレンダーと自分のカレンダーの二重登録なので、それ自体は面倒という程の話ではない(手間は増えるが)。

となるとまずは先の(オケの)予定についてメインカレンダーにコピーする作業をしなければならない。最初だけは件数が結構なボリュームになってしまうが、やむを得まい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

楽器の練習をゴールに設定する

少し前に設定したGoogleカレンダーのゴール機能だが、ひとまずは機能している。といっても朝のブログ書きと夜の読書だけだし、実際は読書に関してはかなりブレたりしているので、機能しているといっても気休めかもしれない。正直そこまでカレンダー通りに行動できるかといえば、いざやろうとするとしんどい部分もある。

ただ、設定によ意識の変化は確かにある。しんどいと思ってもそれは必要な行動だと思っているし、どこかでリカバリーをしようとするからだ。これはこうした機能がなければ働かない心理だろう。別に楽をするために使う機能ではないと考えれば良いのだ。昨日のエントリーではないが、時間の使い方を意識的に変えようという時には、こうした機能を活用するのはアリかもしれない。

という訳で、他に登録できるような事はないか考えてみる。改めて用意されているカテゴリーは以下の通り(ただし、それぞれにスケジュールの立て方が違うとかいう事はなさそうである)。

・運動・・・ジョギング、ヨガ、エクササイズなど
・スキルアップ・・・外国語の練習、楽器の練習など
・家族や友だち・・・大切な人と過ごす時間
・自分のための時間・・・読書、瞑想、自分自身のケアなど
・身の回りの整理・・・整理整頓

・・・そんな事まで、という感じのものまであって、実際何がよく使われているのかというのを知りたくなるのだが、まず気になるのは「楽器の練習」というやつだろう。これは自分にとってドンピシャの課題である。(余談だが、スキルアップの中には「飛行機の操縦の練習」というのもあって、ああこれは流石に単なる例だよななどと思ったりする。)

何度か書いているが、週に一度ぐらいは(オケの練習とは別に)練習をしたいとは考えていて、一方でその為の時間が確保できていない。練習のためには実家に移動する必要があり、実質的には往復で2時間弱を要する。練習を1時間としても3時間のまとまった時間を確保するのは、平日では非現実的に近い。一方で土日はオケの練習が(大体)あるので、個人練習は平日に設定したい。

それでもという事でとりあえず設定をしてみたら、最初の1回が週末の土曜日11日の19時からと出た。でもこの日は朝からGオケの練習があって午後は演奏会を聴きに行ってその後さらに練習というのはどうにもきつい・・・のは気分だけかもしれないが。

ひとまず今週はKオケの練習がないので、一旦その時間に設定し直し、しばらく様子を見る事にする。ただこれ空き時間を認識できるのがメインのカレンダーだけのようなので、カレンダーを分散して登録している予定を集約しないとうまく機能しないのだろうか。だとするとちょっと面倒ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

時間を変える

今朝は30分ほど寝坊をしてしまったのだが、電車は10分遅い電車で済み、改めて乗ってみると(分かっていた事ではあるが)その電車の方が快適だった。普段乗っている電車が込み合う事は電鉄側からもアナウンスされていて、実は遅らせた方が楽だったりする。

それでもその電車に乗っていたのは、渋谷に到着する時間が非常に都合が良いからなのだが、今日遅らせてみても、それほど問題はなさそうだったので、あるいはこの時間にした方が色々と良いのかもしれない。

時間の使い方、デバイスの使い方というのは、ある程度固定されてくると変えてみるのが億劫になる。一方でこれらは変える事によって効率や視点が変わる事が少なくない。そういった意味では、常に、とまでは言わなくても、時々は見直すというか、意識的に変えるという事を仕掛けた方が良い。良いのだが、なかなかできないのが実情なので、今回を機会に一旦変更してみよう。家を出る時間が変わっても、ひとまず朝起きる時間まで変える必要はないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

ライフログとしてのSNS

昨日はハロウィンという事で、渋谷は相変わらずな感じだったと思うのだが、去年とは違って早々に帰ってしまった。もっとも、報道やSNSや今朝の様子を見る限り、それほど(雰囲気は)変わらなかったという事だろう。今後何かの理由でこの熱が冷める時には注目したいが、同じような雰囲気であるなら注目しても疲れるだけである。

・・・そんな事を昨年のFacebookへの投稿を眺めながら思ったりした。この「過去のこの日」の投稿というのは、当時何を考えたといった事が分かるので結構面白い。なぜその時はそのように考えたのか、何の脈絡もなくこんな投稿をしているのは何故か、等々自分の呟きなのだけれども自分の事ではないように眺めていたりする。

短期間ならさておき、数年も続けていればそれはある種の日記のようなものである。ブログにいたってはさらに長いので、普段それほど意識はしていないのだが、SNSの投稿の方がよりライフログに近い。アクティビティトラッカーが記録する数値とは違って、一定の書式にとらわれない記録だからこそ、逆にログとしては面白かったりする。

つい最近食事の写真の投稿を再開したのだが、これもその時は毎日同じような感じで代わり映えしないと思ったりするのだが、後から振り返ると「そうだったのか」「何食べてんだ」と思ったりして、それはそれで新鮮だったりする。

えーと何が書きたいのか分からなくなってしまったが、例えば淡々と日常を重ねているようで、呟きを通じて振り返ってみると、意外と毎日何かしらの変化があるものだなという話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

SFを読む

Pen11月1日号のSF特集を読んでいると、無性にSFが読みたくなってくるのだが、Kindleで購入済みの未読が十数冊、欲しいものリストには百冊以上が並んでいる中で、「読書」の時間というのはなかなか確保できていない。

・・・漫画はついつい読んでしまうので、時間がない訳ではなく、使い方の問題ではあるのだが。何というか、Kindle(専用端末ではなくアプリである)は持ち運びが便利な割には、読む意欲が掻き立てられない感じがしなくもない。まぁ言い訳であろう。

ちなみに先日Googleカレンダーのゴールで設定した「読書」は、ビジネス書の想定なので、いわゆる文芸系は含んでいない。読み始めれば止まらなくなることは分かっているし(止まる時は止まるが)、あまり「時間を確保して」という類のものではないと思っているからだ。

とりあえずは途中で止まっているヒュー・ハウイーの「シフト」を読み進めたい(その先には「ダスト」も待っている)ところだが、「雪風」は読み直したいし、「虐殺器官」や「ハーモニー」なんかも読みたい訳で、うん、時間がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧