2018年11月22日 (木)

解放感を何に活かすか

久しぶりに「佐藤可士和の超整理術」を引っ張り出して(Kindleだが)読んでいたら、手ぶらの解放感に関する話が出てきて、どうやらこの辺りが手ぶら願望のスタート点かと思ったりしている。


一方で、彼の場合はその解放感がどこかに行くといった行動につながっているが、自分の場合はそうではないな、とも。もっとも自分の場合は鞄がある事が行動の制限につながっていたとは思っていないので、単に変わっていないだけとも言える。いや、変わってはいるだろう。逆に立ち寄らなくなったからだ。


ただしこの「立ち寄らなくなった」というのは、結局iPad miniで何かをするというインドアの延長で、行動の拡張ではない。そういった意味では、手ぶら通勤の次のステップは自宅と会社との行き来だけに終わらせないという事になるが、これは気分的な解放感というよりも時間的な制約のほうが多いような気がしなくもない。このところ思ったようには仕事を終われていない事もあるのだろう(たまたまだが)。


身軽になっているのは間違いないのだから、次はそれをどう活かすか、あるいは変化につなげるかだろう。いやそこまでしなくてもという考え方もあるのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

ヘッドフォンの季節

今日のヘッドフォンはW-1000Xではなく、AKGのY45BTにした。しばらく使っていなかったのだが、破れてしまったイヤーパッドをようやく交換したのと、寒くなってきてオンイヤー型が恋しくなってきたからだ。

久しぶりだからか、装着がイマイチだったのか、少々耳が痛くなってしまった。が、カナル型の耳に突っ込まれる感じとは違って、この方が耳には優しい感じもする。

音に関しては、音楽に関してはやはりこちらの方が豊か(好みの問題だが)と感じる反面、Podcastでの人の声は埋もれてしまうのと、やはりノイズキャンセリングではないという問題は大きいと感じた。そうなるとN60NCBTが欲しくなってくるのだが、AKGは最近Y500という3桁型番のモデルを出していて、では600は出ないかなとも思ってしまう。オンイヤー型のノイズキャンセリングモデルというとそうは多くない。

現状ヘッドフォンはそこそこ数を持っているという事もあって、当面は見送りだろう・・・何かの拍子に衝動買いしてしまうかもしれないけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

情報へのアクセス

鞄なしの通勤にも大分慣れた所で、少し課題感などを振り返っておこう。傘リスクには何度か遭遇したが、これは目に見えるリスクという事でおいておく。

顕著に感じるのは、iPad miniを持ち歩かなくなった事により情報へのアクセスが減った事だろう。特にdマガジンについてはXPERIAにもインストールはしてみたのだが、ほぼ読まなくなってしまっている。自宅では変わらず使えるのだが、以前から自宅では読んでおらず、ようは自分の場合に必要なのは「外出時にいかに機会を作るか」という事だろう。

ここしばらく夜も立て込んでいたという事もあるが、例えば帰りにカフェに立ち寄って溜まった未読の雑誌をチェックするという事もなくなった。帰り道の段階ではiPad miniがないのだから、寄り道する理由がないのだ。

結果として情報源がGoogleニュースあたりに偏るようになってきている。もちろん雑誌といってもチェックする雑誌自体は限られていたのだが、少なくともずっと雑多な情報であったのは間違いない。やや惰性的な要素もあったとはいえ、それによる視野視点の確保というのはそれなりに重要な事で、短期的にはともかく、長期的には感度の低下を招くような気がしている。

そして結果的にiPad miniを開く機会も減っている。基本的に持ち歩きを前提にしたサイズ感のため、自宅で見るには少々小さい事もあり、持ち歩かなければ見る機会が減ってしまうのだ。それはつまりデッドストック化してしまうという事でもあり、そもそもモバイルデータ通信機能が必要なのか、Wi-Fiモデルで良いのではないかという話にもつながっていく。(もっともその辺りは、そもそもMacBook AirとiPad miniをSurfaceに統合してしまえばよいのではないかといったプランにもつながっていくのだが。)

いずれにせよ情報源の(広めの)確保についてはなにか考えたい所なのだが、デバイス的にトレードオフになっているのが悩ましい。もちろんXPERIAでチェックすれば良い話だし、そうしている人が多いであろうという事も承知しているのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

コートと鞄

今週は変則というか、週の後半3日がいずれも仙川への出勤となったので、やや通勤のストレスが少ない一方でリズムが安定していない・・・感じがする。

さておき、朝の寒さにハーフコートを引っ張り出してきたのだが、鞄がないと暑さを感じる場面が少ない・・・気がする。この時期のコートはやや微妙で、電車内では暑くて閉口するという事もあるのだが、気候がそんな感じなのか、別の理由があるのか・・・。

鞄がないことによる暑さを感じないメカニズムというのは、やや体質的な事もあるのと思うのだが、普段鞄の接触部分(肩、背中、腰)を中心に汗をかくことが多いからだ。ようはそうした接触により熱がこもるという事が、鞄がないと発生しない。姿勢的にも少し肩を上げたりとか、余計な筋力を使っておらず、楽な姿勢でいられる。

そんな辺りが影響しているのではないかと思うのだが、まああくまでも勝手な推測という事で、理屈はさておき意外と快適である事は記録しておく事にする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

付箋とスマホスタンド

昨日はここしばらくの念願であった牛タンを堪能した後、久しぶりに東急ハンズで物色をした。最大の目的は傘だったのだが要件を満たすものには巡り会えず、メモ用の付箋とスマホ用のスタンドを買ってみた。

メモ用に付箋を購入したのは、しばらく読んでいた佐藤オオキ氏の本にそれを利用していると書いてあったのと、evernoteに連携機能があったのを思い出したことによる・・・のだが、購入してから改めて考えてみると、付箋に一枚書いた後、続けて書き綴るにはどうするのかという問題にぶち当たった。付箋なので、一枚一枚都度剥がさなくては次が書けないのだ。もちろんすぐに写真に撮ってしまう想定なのだが、連続して書き続けるような事態を想定するなら、付箋ではなくブロックメモにすれば良かったかもしれない。そもそも付箋の機能はほとんど必要としていないし。

ついでに筆記具をどうするかと考えながら物色。経験上付箋は万年筆での記述に向いていない(もっとも向いていそうなミドリの付箋も買ったりしている)。ボールペンか、サインペンか、そもそも残すことを想定しないならシャープペンシルでも良いのである。以前一度購入して、どこかでなくしてしまったLAMYのスクリブルとか良いかもなぁと思いながら、こちらはそもそもメモを使うかどうかを評価してからということで見送り。今日の所は以前から持っているシャーボXを持ってきている。

スマホスタンドは、たまたま見かけたカード型のものがあって、これは薄くて良さそうだということで(安かったし)ひとまず購入。今朝はそれを使ってみているが、机の高さとの関係もあって角度がややきつくて見づらいというのが初見の印象だろうか。まぁ今日はいつもの環境ではないのでやむを得ない。

という訳でポケットの中身がまた増えてしまった。とはいえこの辺りはこれまで持ったことのないアイテムなので、新たな環境で試してみて、使えそうになければ削ってしまえば良いものではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

解放感と緊張感

今日は誘惑(?)に負けて傘を持ってきてしまった。まぁ家を出る時に道路が濡れていたという事もあるけれども。

備えは必要だが、こうした「持っておく安心感」を優先してしまえば、いつしか持ち歩くのは鞄になり、その鞄が大きくなっていく。ミニマイズというのは、そうした安心感をある種の緊張感に置き換えていくようなものかもしれない。

まぁ今日の傘には置き傘にする的な意味合いもあるので、何もなければ会社に置いていく(フリーデスクだがその程度のロッカーはある)だけの話ではある。鞄なしへの備えとして考えれば、傘とエコバッグぐらいは会社に置いておきたい。バッグに関しては代替できる紙袋ぐらいはいざとなれば確保可能なので、個人所有物としてはやはり傘が重要となるだろうか。

後はまぁペン(筆記具)ぐらいはポケットにさしておいても良いかなと思いつつ、いやいや通勤中に使うことはないしと考え直す。重要なのは、その時本当に使うものに絞り込むことだ。言い換えれば、今持っているモノの中で、いまだ使用機会のないものがあるのだとすれば、それはどうにかして持ち歩かないような工夫が必要だろう。
(まあそれでも保険証などは使っていなくても持っておいた方が良いだろうとは思うのだが。)

もちろん明日のように他の事業所へ直行する際などは、ペンぐらいはあった方が良いだろう。そういった「いつも同じではなく常に見直す」という考え方も重要になってくるかもしれない。その日の予定に対して、どのように持ち物を組むかというのもある種の緊張感である。ちなみに鞄を持ち歩いていた頃は、そうした事を考える事をストレスとして極力排除し、何も考えなくても鞄だけ持ち出せば良いような状態を目指していたので、そういった意味では全く逆の状態を目指していることになる。

どちらが良いのかはまだ見えてはいないのだが(今の状態でそれほど多くのパターンを経験した訳ではない)、まぁしばらくは今の緊張感を楽しめるようにしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

鞄のトレードオフ

渋谷に到着したら雨がぱらついていた。当然ながら傘はない。

微妙だと思うのは、鞄の中に傘が入っていても、この程度だったらささないであろうという点だ。それでも手元にあるかないかで事象の捉え方とは変わるものだという事だろう。何というか、鞄がないというのはそうしたちょっとした事を気をつけたり意識しておく必要があって、その辺りが鞄ありと鞄なしのトレードオフかなと考えなくもない。

正直なところ、身体的には楽であっても、精神的にはちょっとしたストレスがあるというのが、今の鞄なし通勤の実感ではある。鞄があるというのも(身体的には負荷がある以上)それなりのストレスではあるのだが、それもやってみて分かる事だ。

時期的な事も関係していて、これがもう少し冬に近づいてコートを着るようになると、おそらく傘もポケットの中に入れっぱなしになり、精神的ストレスが減る分、重い服飾という身体的ストレスを抱えることになる。夏はその逆だろう。

後は備えの問題である。正直今朝のような「途中でなにか起こる」事態に備えるのは難しいが、会社にも傘を置いておくとか、いざという時のエコバッグは用意しておくといった事は想定として準備可能だ。まだやっていないのは、覚悟が不足しているというか、まだ様子見感を持っているからだろう。スマートフォン用のアダプターなどの備えも同様である。ある種二重化するという事になる上、手ぶらでなければ必要ない備えではあるので、何も考えずに投資するようなものではない。元々その辺りのモノは厳選してミニマムにするというのが好きなので、必要だからと2つ持つのは無駄に思えてしまう性質ではある。

しかしなぁ、一度経験してしまうと戻りにくいというのも、鞄なしの解放感ではあるんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

携行物トレイ

いつかはやることだと思っていたが、今朝は社員証を忘れて家を出てしまい、一旦戻ることになった。幸いにして気づくのが早かったので(家からせいぜい100m)、通勤電車への影響はなかったが、現状社員証については忘れないための防護策がない。

以前は財布を忘れることもあったのだが、これは鍵と紐付いたことでまずその可能性はなくなっている。スマホを忘れることは普段からほとんどなく、あと危ないのはコンタクトであろう。キーボードやイヤホンは忘れても特に致命的ではないので、やはりリスクが大きいのは社員証である。(まぁそれも最悪何とかなるのだが。)

社員証のケースに定期券を入れることも考えたのだが、定期は休日も使用するし、どちらもICカードなのでおそらく利用時に干渉してしまう。それにそれでも忘れるというリスクが防げる訳ではない。

今朝に関して言えば、いつもと違って夜に行くコンサートのチケットをポケットに入れておく必要があり、その分社員証が注意から押し出されたような所がある。そういった「いつもと違うものを持つ」という事態は今後も発生しうるし、鞄の中にあれば意識するような事もない今回のチケットのような物を「忘れない」ためには、それなりの注意を払う必要があるので、いつもの所持物が抜け落ちてしまう可能性は決して低くはない。

一つ考えられるのは、そういった「いつもの物」をひとまとめにしておくようなケースを用意しておく事だろうか。現状もある程度一か所にまとまってはいるのだが、はっきり意識できる形ではない。難しいのは社員証以外は休日もだいたいひとまとめになっていて、社員証だけが平日の携行物である点だろう。

とはいえ、ひとまずは何かトレイのようなものでまとめておくのが良さそうである。適当なトレイはあったかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

スマートウォッチ

今朝はいつものプロントではなく、久しぶりにガストに来てみた。朝の電車を1本遅いものにしてからプロントが定番化していたのだが(以前の電車だと少々早くて開店前に並ぶ必要があった)、たまには気分を変えてみるのも良いだろう。少々歩くので暑い季節は避けたいが、これからの季節であれば問題ない。

少しずつ、バンドが壊れてしまったSmartBandTALKの替わりが欲しくなってきている。直すという選択肢も(直せるかはさておき)あるのだが、機能的な事を考えれば新しい何かであっても良いのである。特に最近は機能の進化が著しい。

著しい・・・のだが、そうしたアクティビティトラッカーをどれだけ必要としているかと言えば疑問が残る。必要なのはむしろ通知関係の部分で、それであればSmartBandTALKでも必要十分だからだ。替わりが欲しいというのも、通知機能が欲しいのであって、機能進化著しいアクティビティトラッカーの機能が欲しい訳では実はなかったりする。

そういった意味では中途半端な物欲ではある。新しいものが欲しいという、どちらかと言えば避けた方が良い類の物欲だ。欲しい物を買うのが悪いとは言わないが、欲しいという欲求は必要性や実用性などお構いなしに生まれる衝動であって、買う瞬間までしか機能しない。買った後に実際に使うかどうかは、欲しいかどうかではなく必要かどうかであろう。

とはいえ、SmartBandTALKを着けない期間を比較的長めにとった事で、スマートウォッチの持つ通知機能が必要であるという事は分かってきている。最近無駄にEXPERIAを開いてしまう事が多いような気がするのは、おそらくその辺りに起因していると思えるからだ(その割に通知は見逃したりしている)。

さて、どうしたものかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

キーボード

鞄なしの通勤において、現状不満というかどうにもならない課題があるとすれば、それはキーボードであろう。傘を除けば一番かさばってしまうのが、ポケットに入れたキーボードである。(そして傘はいつも持ち歩くわけではない。)

もちろんサイズ的にはこれ以上ないぐらいポケットに適しているとは思うのだが、それでも時として鬱陶しい。それに上着を着ている冬場はともかく、夏場はどうするのかという問題も残っている(夏場も上着を着ろという話もある)。

実際問題、出番は朝にこれを書いている時のみで、それ以外の場面では無用の長物である。もちろんいざという時に活躍するのは確かなのだが、いざという時だけであれば傘と同じであろう。問題は毎朝10分程は確実に使うので、そのためには持ち歩く必要があるという生活習慣にある。

しかし、この習慣はやめる訳にもいかない。何度かそれを検討した事もあったが、結局精神衛生上は他愛もない事であっても書いている事が重要なのだ。

という訳で、今日も明日もポケットにはキーボードを忍ばせるのである(忍ぶようなサイズではないが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧