2017年12月11日 (月)

最高と最低

第九演奏会が終了し、年内の演奏会がすべて終了した。

今回の第九は、オケはまぁいつも通りだったとして(チェロは音程が悪かったと打ち上げで言われたけれども)、合唱団が素晴らしい迫力だった。300人を超える人数もそうだが、声量もこれまでより格段に豊かだった気がする。ある意味圧倒されたといっても良いだろう。

客席もチケットは席数分完売という事で、ほぼ満席という状態。そういった意味でも演奏会としてはとても良かったと言えるだろう。一方で自分自身は正直練習不足というか、直前に気になって音程を下げたりして、結果それがパートとしての音程の悪さにつながっていたのだとしたら、申し訳ない気分ではある。

運営的にも当日のドタバタが結構あったというか、段取りの不足を感じた。第九はオケ単独での企画ではないので、自分達だけで動ける訳ではないのだが、それにしてももう少し全体の段取りに気を配るべきだっただろう。長くやっている弊害というか、緊張感が薄れてなんとかなるだろう的にやっつけてしまった感がある。


・・・まあそれでも演奏会としては最高に楽しかったのだが、その後の打ち上げで最低の気分に叩き落とされた。決着がついていないのでここではまだ書けないが、一気に酔いが冷める重い事態で、場合によっては進退に関わる状況だ。というか、一晩寝かせて実際に酔いが覚めてもそれ以外の結論を導き出せずにいる。こんな事でやめるなんて残念な事はしたくないが、他に落とし所が思いつかない。

人生がかかっている訳ではないのだから、そこまで深刻に考えずに済ませる方法もあると思うのだが、その場合でもここまで落ち込んだ自身のテンションを復活させる術が見つからない。

とはいえ、今日の夜には何らかの動きを取らなければならない。今日は仕事に手がつくだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

2017年最後の演奏会

今朝は今週二度目の朝からの打ち合わせがあり、昨日少々飲みすぎたこともあって、久しぶりに朝そば(実際はうどんだったが)で済ませて早々に出社した。昼はちゃんぽん、夜はそばと麺三昧な一日だった。

週末はF響の第九。2年に一度第九を弾いているのだが、なかなか弾けるようにならないというか、なまじ中途半端に弾けてしまうためにきちんとさらうことがなく、それが良くないように感じている。練習期間がどうしても短くなってしまうというのもあるだろう。

できれば今週は少しでもさらいたかったのだが、この季節には寒さという敵もあって、なかなかそうしたテンションにならない。もっとも今週に関していえば、仕事も少々立て込んでいて、そもそも調整が難しかったという事もあるのだが・・・Googleゴール様が指定してくれる「チェロの練習」は、なかなか実現できていない。

出来ていようが出来ていまいが、本番は予定通りにやってくる。今回は運営方の準備も結構直前にバタバタしてしまって、そういった意味では反省も多いのだが、それでも(多分)やれてしまうことが、長年やっていることの強みだろう。おおよそのスケジュールと役割分担さえしてしまえば、あとは「よきにはからえ」的に動いていくのはメンバーの変動が少ない歴史のあるオケならではという事もある。

明日はG.P.なのだが、午前中は別のオケの練習があって、午後からステージセッティング、夜にソリストも加わってのステージでのG.P.という流れになる。これもいつも通りという所で、直前(先週)に指揮者の予定が実は30分ずれる事が分かるというハプニングもあったのだが、その程度で動じていては400人を超える(オケ約100名合唱約300名)集団には動いてもらえない。

ちなみに今日事務局から連絡があって、チケットは席数分が売れてしまったため、当日券はなくなった模様。実際には歩留まりもあって満席にはならないのだが、せめて1800人は超えて欲しい所である。もっとも席数は1863席なので、実際に1800名を超えたら、会場整理が追いつかずに開演がままならない可能性もあるだが。

この本番が終われば、2017年の本番はすべて終了。まずは最後の演奏会を楽しみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

音楽と向き合う

昨日は年間の本番回数にはカウントしていない練習オケ。ステージのない、集まってあわせるだけというオケなのだが、曲はドヴォルザークの新世界にベートーヴェンの田園となかなかハードだったりする。

やったことのある曲とはいえ、基本的には初見大会のようなもので、多少練習はしても基本的には通す形なので、一期一会のアンサンブルである。難しいところはある意味放っておいて、弾けるところ、弾きたいところを弾くという感じだ。仕上がりに関する余計なプレッシャーがない分、緩いといえば緩いのだが、音楽の愉しみ方としてはこれはこれでありだと感じている。

というか、おそらく音楽の愉しみ方としてはこちらこそが本来ではないだろうか。人に聴かせるというのは、考えようによっては音楽そのものに向かい合う以外の動機が混ざっているとも言える。スポーツを楽しむという時に、人前で見せる事を重視する考え方はあるまい。もちろん聴き手との関係性で成り立つ要素が皆無とは言わないが、それはプラスαの要素であって、音楽と向き合うのは結局は自分自身でしかないのだ。

で、時にはそういった形で音楽と向き合ってみるのも一興だよなという話。いつもそれでは緊張感がなくなってしまいそうな気がするのだが、年に1〜2回ぐらいはあっても良い気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

ヘリコア

昨日はGoogleカレンダーのゴール機能のお告げに従って楽器の練習。もっとも実際には自分で設定したスケジュールという一悶着はあったのだが・・・。

ちょっと待って!先日Googleカレンダーのゴールで登録して今日が初回に設定されていた楽器の練習予定が今見たら日曜日に変更されている。今日は何の予定も追加してないのにGoogle様は何故予定変更を・・・。
(なんか最近tweet内容のコピーが本文だけになって引用感がない。)

予定が変更された事に対する心当たりといえば、昨日書いたように「オケ用のカレンダーの予定をメインのカレンダーにコピーし直した」事ぐらいなので、要はやはりメインのカレンダーに登録がなければゴールは空き時間として認識してしまうという事なのだろう。当たり前といえば当たり前である。

さておき、昨日は練習といっても弦の張り替えが主たるミッションだったのだが、張り替えた後にしばらく弾いてみて、やはりこれまで使っていたヘリコアの弦の感触が変わっているという結論に達した。パッケージが変わってからどうもしっくりきていなかったのだが、何となく違うというか、柔らかさがなくなって尖った感じの音になってしまった気がする。

正直に言えば、弾きにくい。

以前は張り替えた直後はそれこそ感動的な程に弾きやすかったのだが、前回から新しいパッケージになって、どうもしっくりきていなかった(通販だったので張り替えた直後にニセモノを摑まされたかと思ったぐらいに)。今回の張り替えでその辺りがはっきりした気がする。あるいはメーカーとしては仕様変更などはしていないのかもしれないが、少なくとも自分の中では終わったと言えるだろう。次は別の弦を探さなければ。

結構お気に入りで愛用していたんだがなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

今年の演奏会を振り返る

年内の本番が残り少なくなり落ち着いてきたこともあって、この週末の三連休は練習で何ということもなく終了した。知り合いのコンサートの手伝いとかもあったのだが、それもまぁつつがなく(?)終了したと言えるだろう。

ぼちぼち来年の演奏会の予定もいくつか決まりつつある。決まるというか、決めるというか。という訳で今年の演奏会を振り返ってみる。

02月11日 ファ・ディール室内管弦楽団@府中の森芸術劇場ウィーンホール
02月18日 上野の森交響楽団第78回定期演奏会@杉並公会堂大ホール
02月19日 府中市民交響楽団ミニクラシックコンサート2017@府中の森芸術劇場ウィーンホール

03月04日 府中市平和都市宣言30周年記念コンサート@府中の森芸術劇場どりーむホール
03月20日 キユーポートオーケストラSAKURA concert@渋谷董友ホール

04月16日 府中ステージアート協会バレエ公演@府中の森芸術劇場どりーむホール
04月22日 リハビリオケ@渋谷董友ホール

05月14日 府中市民交響楽団第75回定期演奏会@府中の森芸術劇場どりーむホール
05月21日 稲城フィルハーモニー管弦楽団@パルテノン多摩大ホール

07月17日 キユーポートオーケストラ渋谷ピアノお披露目コンサート@渋谷董友ホール
07月22日 キユーポートオーケストラゆらりん祭り演奏会@仙川キユーポート

08月12日 やっとかめ室内管弦楽団@小金井宮地楽器ホール

09月18日 オーケストラエクセルシス@杉並公会堂
09月24日 府中市民交響楽団第76回定期演奏会@府中の森芸術劇場どりーむホール
09月24日 ほしT@パルテノン多摩大ホール
09月28日 キユーポートオーケストラキユーポート文化祭公演@仙川キユーポート

10月20日 キユーポートオーケストラわくわく活動合同発表会ロビーコンサート@人見記念講堂
10月28日 MASUO@和光市文化会館

11月23日 リハビリオケ@東京芸術劇場

12月10日 府中「第九」2017@府中の森芸術劇場どりーむホール

上記の内、リハビリオケというのは一発練習オケなので、いわゆる「本番」の括りに入れていないのだが、こうしてみると7〜9月頃の過密度合いがやはり無理をしている感を出している。

では来年はどうか。今の所仮のものも含めると以下はおおよそ出るつもりで考えている。

02月11日 Gloria Angelicus Philharmonic Concert@かつしかシンフォニーヒルズ

03月04日 府中市民交響楽団ミニクラシックコンサート2018@府中グリーンプラザ
03月21日 キユーポートオーケストラ春公演@渋谷董友ビル

05月20日 府中市民交響楽団第77回定期演奏会@府中の森芸術劇場

06月09日 ?やっとかめ室内管弦楽団@小金井宮地楽器ホール

07月15日 府中市民交響楽団ファミリーコンサート

09月24日 ?オーケストラエクセルシス@杉並公会堂

11月18日 府中市民交響楽団第78回定期演奏会@府中の森芸術劇場

?はまだどうするかは未定なのだが、おおよそこれぐらいの間隔であればなんとかなりそうだろうか。もっともキユーポートオーケストラに関しては、7月と9月にまた演奏会が入ってくるであろう事は想像に難くない。負担が大きいのは3月の演奏会のみなので、何とかなるとは思うのだが。

とはいえ問題は練習の重なりにある訳なので、これを調整するようなガントチャートを作成したいのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

曲を選ぶ

Google Play Musicへの音楽のアップロードは遅々として進んでいて(特に急いではいない)、昨日の段階では3000曲強のアップロードが終了していた。全体では1万曲を超えていたので、ようやく1/3という所だろうか。

アップロードしたからそのまま聴ける訳ではなく、それをダウンロードするか、ストリーミングで聴くかを考えなければならない。もちろんすべてをダウンロードする事は物理的に不可能なので、聴きたいアルバムを都度ダウンロードするか、ストリーミングで聴くのに耐えられるようにデータ通信量の上限をアップするかという事になるのだが、まぁ当面は前者であろう。普段はシャッフルで聴く事が多かったので、意識的に選ぶのも久しぶりの曲に当たりそうで悪くない。

選ぶといえば昨日は週末のイベント(といっても屋形船で飲むだけだが)に向けてプレイリストを作ったりしていた。オケ仲間と大体毎年行っており、BGM音源を持ち込む事が出来るので、他の客に構わずに第九やらマラ5やらをかけたりしていたのだが、もう少し馴染むというか、酒の席で楽しめる音楽が聴きたい。

なるべく一般の方も楽しめそうで、かつオケメンバーにはへぇ〜と思わせるような曲をチョイスしたい所だが、面白そうなアルバムをピックアップしただけで16時間とかになってしまったので、ここから絞り込んでいかなければならない。個人的な音楽の好みの方向は暗い曲なのだが、なるべく明るめの曲を選びたい。(などと言いつつ伊福部昭のSF交響ファンタジーとか選んでいたりするのだが。)

そうやって考えると1万曲あっても意外に思いつかないものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

他のオケを聴く

他のオケの演奏を聴きに行く機会というのはあまりない。そもそも練習で(予定が)埋まっているというのが元凶ではあるのだが、年内の演奏会も(多分)残り1回とだいぶん落ち着いてきたという事で、チケットを頂いたオケの演奏会に行ってきた。

もっとも、元々ザッツ管弦楽団の演奏会自体は、前回のマーラー6番が良かったので、できる限り行くつもりではあったのだが。

今回のプログラムはブラームスの交響曲第3番に、R.シュトラウスの英雄の生涯。ブラームスの3番は今年の8月にやって来年5月にもあるので復習と予習がてら。英雄の生涯は・・・まぁ好きな曲であるがやる事はないだろう(というかあまりやりたくない)。

よくもまぁ激しい曲を2曲、よくやるな〜と感心する。このオケはアンコールでさらに派手な曲をやるので、何というか若さを感じてしまう。いや若ければできるとか、歳をとるとできないとかいう話ではないけれども。

ただしちょっと厳しい事を言うなら、今回の演奏は前回のマーラーほどではなかった・・・と思う。ステージ近くで聴いたということも影響しているかもしれないが、全体に音が粗く、軽く感じられた。好みの問題かもしれないが、もう少し厚みのある演奏ができたのではないかという期待がある。ブラ3も英雄の生涯も比較的よく聴く部類の曲(マーラーに比べれば)なので、その音源の耳馴染みが強すぎるということもあったかもしれない。

あるいはブラームスに関しては、自分が弾く時の高揚感などを思い出して、それと比較してしまうのかもしれない。自分の方が上手といった話ではなく、楽器からのフィードバックも含めてリフレインされた曲のテンションと、耳から入ってくるだけの音楽のテンションのギャップが何となく聴いていての残念感につながっている気がする。しかしという事は今後ブラームスは弾かない限り感動できないという事じゃないか・・・。

とはいえ、その辺りを差し引いても、他のオケの演奏を聴くというのはテンションがあがる。練習したくなるし、ステージに立ちたくなる。

・・・いやいやそれでその気になって乗るオケを増やしたら今度は消化不良になる訳で、上がったテンションに流されないようにしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

演奏会終了

週末は今年17回目の本番。ようやくゴールが見えてきたというか、落ち着いてきたというか、色々来年に向けて考える事が出てきた(今更いう話ではない)というか・・・。

今回の本番は完全に曲ありきというか、ブラームスのヴァイオリン協奏曲という好きなのだけれどなかなか機会のない曲を演奏したいがためだけに誘いを受けて参加したのだが、その割には練習への参加が難しく、正直消化不良な感じの演奏になってしまった。初見ではもちろんないのだが必死に楽譜を読みながらステージで演奏するというのは、あまりない経験である。それなりに練習に参加していれば、ある程度曲は身体に入ってくるものだからだ。

それすら作れていない状態でステージに上がってしまったのだから、緊張感はあった。とはいえ、休みを数える、次の音は何かを考えるといった、練習初期にやるような事を気にしながら、それでもキレかけてしまったのだから、ブラームス恐るべしである。何というか、弦楽器に奏者にとってのブラームスというのは、理性を失わせる何かがあるような気がする。

何れにせよ、今年の多くの演奏会の中で、最も練習へのコミットが低かったのは間違いない。次があるなら(微妙なのだが、プログラムが魅力的なのである)もう少し挽回したい所だろう。

そしてこの週末は久しぶりに他団体の演奏を「聴きに」行ったのだが、その感想はまた別に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

演奏会終了

金曜日の演奏会は無事終了。演奏場所と時間の関係で、多くの人に聴いてもらえたとは言い難い状況だったが、少々動線から外れている中で、わざわざ足を運んでもらっているという事を考えると、まぁ良かったと言えるだろう。少々バタバタしてしまったが、それは諸々初めての経験なので仕方がない。

今回のプログラムは会社に縁のある曲を選んだのだが、そう考えると会社と音楽との結びつきが意外と強いという事を思い知らされる。これは会社のオケとしてはとても有利な話で、社員向けであれ外部向けであれ、それを演奏すれば趣旨が一発で伝わる定番曲があるというのはありがたい事である。

終了後の有志打ち上げでは、次の演奏会に向けた選曲。春にはしっかりした演奏会がしたいという思惑はありつつも、目先の演奏機会(とにかく多い。今年は残り1回を含めて6回である)に流されてきてしまっているのだが、それなりの演奏会を行うためには時間も必要である。回数を重ねていれば、聴く側の期待値も上がっていく訳で、レベルアップをどうやって果たしていくのかという課題もある。

改めて、考えなければいけない事は目白押しだと感じるのだが、一つひとつの区切りを大切にしながら、きちんと活動が継続していけるように(オケを)育てていきたい。それが生み出してしまった者の責任でもあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

会社で演奏会

今日は諸々な事情があって楽器持ちである。いや諸々というほどの事情ではないか・・・。

Kオケが会社の公式なイベントで演奏をする事になった。オケのメンバーは、強制招集という程ではないが、参加者はイベントのスタッフ扱いとなり、いわば「仕事として」演奏をする事になる。これはある意味オケとしてとてつもない一歩前進であると同時に、より身を引き締めなければならないという事でもある。

ただ、諸々考えると課題は大きい。

今回は強制招集ではなかったのだが、仮に強制招集をしたとしても、現在のオケのメンバーはフルオケどころか室内オケを編成するにも苦労する陣容だ。人がいないというよりも、偏りが大きい。むしろ全員を招集されてしまうと、その方が困るという偏り方をしていて、当初ステージでの演奏を構想していたのがロビーコンサートになったのは、そうした影響が大きいだろう。もちろんレベル的な問題もあるが、そもそもステージ映えしない編成になってしまうのはいただけない。(ようは「オケっぽくない」ステージになってしまうという事だ。)

一足飛びな感じで公式行事に顔を出したため、それを目にした社員の反応も気になる。事前のアナウンスはされているので、全くのサプライズではないのだが、社員によってはそれを業務的な位置付けで行う事に反発を感じる事もあるだろう。その辺りの摩擦を全く考慮していない訳ではないが、根回しとしてどこまで周知できたかというのも微妙である。
(特に今回の場合エリアイベントではなく全国イベントのため、普段我々の活動を目にしている近隣の社員だけでなく、全く存在すら認知していない社員にも触れる事になる。基本的に会社はいい人の集まりなので、大きな心配はしていないのだが、それでも反発を覚えない人が全くいないかといえばそうではないだろう。)

今回のイベントは一回限りではなく、毎年行われているイベントだという事も(冷静に考えれば)悩みのタネで、今年は勢いで乗り切っても、では来年はどうするのかという話がある。今回はたまたま様々な好条件が重なってここまできたが、継続性を考えるとかなり頭が痛い。会社のイベントとなると、普段の演奏会のようにエキストラを呼ぶというのも難しい中で、どこまで維持できるのかという問題がある。

結成4年でここまできたのは、ある意味嬉しい事ではあるのだが、さらなる課題も上積みされたという事で、とはいえこの機会をポジティブに捉えて、どう活かすかという事を考えた方が良いのだろう。

まずは演奏をきちんと行って、今日という日を乗り越える事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧