« 改善することができるもの | Main | 会社は株主だけのものではない »

読み手のチカラ

土曜日に「社内ブログ勉強会」なるイベントに参加してきた。
ようは社内向けのブログに興味がある、立ち上げている人集まれ!というイベントで、mixiやGREEといったSNSとブログを経由して集まったのは、自分も含めて30名。ほとんどは初対面だったりする。

その中で事例紹介を聞き、グループディスカッションをしながら何となく感じたことがある。それは社内ブログにおいて重要なのは、実は読み手の存在なのではないか、ということ。

ブログは発信してナンボのメディアなので、ついつい書き手に注目が集まるし、どうやって書いてもらうか、どうやって参加者(=書き手)を増やすか、という点に考えが集中しやすい。

しかし、冷静に考えて、社員が1000名の会社で、1000人が書いた1000件のブログを1000人が目を通すのは不可能なのだ。闇雲に参加者を増やすことが、必ずしも良いことではないのではないか。

それよりも、実は良質な「読み手」を増やすことが大切な気がする。

事例紹介の中に、ある書き手が足跡から「あの人が読んでいるなら」と猛烈にモチベーションが高まってノリノリになったという話があった。この場合、読み手は自分自身がブログを書いている訳ではないが、書き手のやる気と書く内容に大きな影響を与え、その結果は彼以外の読み手にも大きく波及している。

こういった読み手の情報を公開するのは、読み手自身の行動に影響を与えてしまうのでなかなか難しいのだが、もっと読み手の効果を生かす方法があっても良いような気がする。

コミュニケーションは相手がいてこそ成り立つものだ。ブログが単なるディスクロージャーのツールではなくコミュニケーションのツールだとすれば、書き手同士のコミュニケーションだけでなく、物言わぬ読み手とコミュニケーションをどうするか、ということも考えてみて良い気がする。

そんな訳で楽しい時間を過ごさせていただいた。発起人のみずきさんに感謝ということで、彼のブログをご紹介。
http://mizukitanno.typepad.jp/blog/

ありがとうございました。

|

« 改善することができるもの | Main | 会社は株主だけのものではない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/6541874

Listed below are links to weblogs that reference 読み手のチカラ:

» 「社内ブログ勉強会」語録集 [経営企画室 調査日報]
「社内ブログ勉強会で学んだ多くのこと」では全体的な自分の感想を書きましたが、勉強 [Read More]

Tracked on 2005.10.28 at 02:04

« 改善することができるもの | Main | 会社は株主だけのものではない »